ゲーミングモニター

【ドスパラ限定】BenQ EW2480実機レビュー PC兼用でも使えるCS機向けのゲーミングモニター

【ドスパラ限定】BenQ EW2480実機レビュー PC兼用でも使えるCS機向けのゲーミングモニター

ドスパラ限定で販売されているBenQ EW2480のCS機向けのゲーミングモニターのレビューとして性能やスペック、機能を検証しました。

BenQ EW2480のレビュー評価
おすすめポイントIPSパネルで綺麗でPC兼用でも使える
音にもこだわっていて音量も大きい
HDR機能でPS4にも最適な映像になる
不満を感じた部分高さ調整できない…
電源内蔵ではない…
なし

 

BenQ EW2480のゲーミングモニターは、CS機向けとして使用できPC兼用にも使えるそんなモニターになっています。

有名メーカーBenQでIPSパネルのCS機向けゲーミングモニターを探している人におすすめとなっています。

BenQ EW2480の外観

23.8インチの非光沢液晶

23.8インチの非光沢液晶

ディスプレイのサイズは23.8インチの光の反射がほとんどない非光沢液晶(ノングレア)となっています。

ディスプレイ寸法
  • 横幅53.6㎝
  • 縦幅32.2㎝
  • 厚み1㎝

台座からモニターの下までは約9㎝の高さになっている固定式になり、調整できるのはチルトと呼ばれる前後の傾きだけとなっています。

チルト角度の確認

モニタの設定を変更するボタンは側面ではなく下側についています。

BenQ EW2480のボタンの位置
すおうまん
すおうまん
ボタンの位置が下側にあることで、押しやすくなってますね

2ミリのウルトラスリムべセルでほとんど縁がない

ウルトラスリムべセルでほとんど縁がない

モニターの縁(ふち)はディスプレイが大きく見えるように2ミリのウルトラスリムべセルとなっています。

すおうまん
すおうまん
液晶部分にも3ミリほど非表示エリアがあるので全体的に5ミリほどです
下だけ18ミリほど縁がある
すおうまん
すおうまん
モニターの縁が狭いと見た目がカッコイイですよね

接続端子の種類

接続端子の種類

①電源アダプター
②HDMI
③HDMI
④HDMI
⑤ヘッドフォンジャック

すおうまん
すおうまん
HDMIのみの接続端子になっていて3つ搭載されています。

一般的なモニターは接続の向きが下から差す場合が多いのですが、背面から接続できるので端子は差し込みやすい設計になっています。

付属品の確認

付属品を確認

①組み立て説明書類
②モニターの台座
③HDMIケーブル1Mほど
④電源ケーブル
⑤ACアダプター

電源内蔵ではないので、ACアダプターをはさんで電源ケーブルを接続するようになっています。

組み立て説明書1 組み立て説明書裏
すおうまん
すおうまん
日本語に対応はしていませんが、組み立て説明書を見るだけで簡単に組み立てもできます。 

BenQ EW2480のスペックと特徴

BenQ EW2480のスペック
サイズ23.8インチ
パネルIPS
バックライトLED
解像度フルHD(1920×1080)
輝度250cd/㎡
コントラスト比1000:1
視野角(左右/上下)178°/178°
応答速度5ms(GTG)
リフレッシュレート75Hz
アスペクト比16:9
表示色約1677万色
表示サイズ527.04×296.46mm
画素密度93ppi
DCR2000万:1
カラービット8bit
K Locher
HDCP2.2
VESAマウント100×100mm
AMA
スピーカー2.5W×2
機能フリッカーフリー
ブライトネスインテリジェンス
HDR10
Super Resolition(超解像度)
ブルーライト軽減

TNパネルよりも綺麗にみえるIPSパネル

BenQ EW2480の液晶パネルはIPSパネルになっているので、TNパネルよりも画像が綺麗に見えるようになっています。

IPSパネルとTNパネルの視野角を比較
すおうまん
すおうまん
IPSパネルはTNパネルより視野角が広いので横からみても色の変化がありません
TNパネルよりも綺麗にみえるIPSパネル
すおうまん
すおうまん
IPSパネルの方が綺麗に色が映っていますね

これは色の再現の違いになっていてIPSパネルの特徴になっています。逆にいうとTNパネルが白く見える原因でもあります。

音にもこだわっている2.5Wのスピーカー

 

通常のゲーミングモニターに搭載されているスピーカーは2.0W×2が多く、『音質が悪い…』『音が聞こえにくい…』『安物っぽい…』とよく表現されますが

BenQ  EW2480ではスピーカーにもこだわっているのが特徴で、一般的なモニターのスピーカーと比べるとはるかに音量、音質が良くなっています。

すおうまん
すおうまん
2万円をきるモニターという考えでは満足できますね

ハイダイナミックレンジHDR10に対応

ハイダイナミックレンジのHDR機能があると、鮮明なコントラストで明暗部での色が協調されクッキリと見えるようになります。※PS4本体もこのHDR機能に対応しています。

BenQ EW2480のHDR機能の効果は?ゲーム映像で比較

BenQ  EW2480にはHDR機能が搭載されているモニターです。フルHD解像度でこのHDR機能の効果でゲーム画像がどう表現されるか比較してみました

すおうまん
すおうまん
PS4本体もHDR機能が搭載されておりONの状態での検証になります

HDRとシネマHDRi機能の違い

HDR機能の比較

①全てOFFの状態
②シネマHDRi
③HDR

すおうまん
すおうまん
FPSゲームのAPEX LEGENDS背景映像での比較検証です。
全てOFFの場合全てOFFの状態
シネマHDRiシネマHDRi
HDRHDR

光が当たって明るくなっている部分はより明るく、暗い部分もしっかりとした暗さになりつつクッキリと表現されているといった印象です。

すおうまん
すおうまん
HDR機能の恩恵が大きいのは個人的にはFPSゲームではなくRPG系に向いている機能かな…と思います。 

フルHD解像度という条件なのでそこまで恩恵があるかどうかという判断は難しい…というのが現状ですが『あれば良い機能』なのは間違いないと思います。

BenQ  EW2480の色合いは?IPSパネルとTNパネルを比較

TNパネルとIPSパネルの違いってどれくらいなのか、ゲーム映像で比較しました。

検証にはHDMI分配器を使用してPS4の映像が2つのモニターに出力されるようにしています。※HDRモニターの設定もOFFの状態です。

ゲーム映像でTNパネルとIPSパネルの違いを比較

IPSパネルとTNパネルのゲーム映像でも違いを比較FPSゲームAPEX LEGENDSで比較

 

モンハンの映像でパネルの違いを比較RPG系モンハンで比較
PS4設定映像で比較PS4設定映像で比較

IPSパネルはTNパネルみたいに白っぽく感じる事がない色合いで、ゲーム映像もすごく綺麗に見えています。

すおうまん
すおうまん
IPSパネルを経験してしまうとTNパネルでは物足りなく感じてしまいます

ゲーミングモニターで綺麗に画質や映像を求めている方には是非IPSパネルのBenQ WE2480をおすすめします。

BenQ EW2480の設定でできる事

入力設定

入力、設定
用語と設定内容
HDMI1
HDMI2
HDMI3

画像設定

画像設定
用語と設定内容
輝度光源に明るさを設定0~100
コントラスト明暗の差を設定0~100
シャープネス画像の輪郭の協調0~10
詳細設定DCR,画面モード、Overscanを設定
スーパー解像度低解像度を高める0~3
スマートフォーカス画像の一部をピンポイントで明るくする
すおうまん
すおうまん
画像設定は基本はデフォルトのままでで使用しています

カラー設定

カラー設定
用語と設定内容
カラーモード7種類のデフォルト設定
HDRモードHDR機能の選択
色温度光の色を設定
詳細設定ガンマ、AMA、RGB範囲の設定

オーディオ設定

オーディオ設定
用語と設定内容
シナリオライブ/ポップ、シネマ、トークーボーカルの選択
音量音量の調整0~50
ミュート
すおうまん
すおうまん
オーディオのモードが3種類から選べるようになっているのはいいですよね!

Eye Care設定

Eye Care設定
用語と設定内容
B.I.+ブライトネスインテリジェンスのON/OFF
デュレーションで調整ON/OFF
アイマインダーOFF/30分/45分/60分
ブルーライト軽減5種類のデフォルトから選択
Color Weaknece赤/緑フィルタの調整0~10

カスタムキー設定

カスタムキー設定
用語と設定内容
カスタムキー1カラー、入力、音声から選択
カスタムキー2カラー、入力、音声から選択

システム設定

システム設定
用語と設定内容
OSD設定言語、表示時間、OSDの設定
DDC/CIPCモニターで設定のON/OFF
入力自動切り替え接続端子の自動切り替えを選択
自動電源オフオフ/10分/20分/30分「
LEDインジケーター電源の状態を表示ON/OFF
解像度についての注意表示のON/OFF
情報解像度、モデル名の表示
すべて元に戻す

BenQ  EW2480はPC兼用のゲーミングモニターにおすすめ!!

BenQ EW2480はPC兼用のゲーミングモニターにおすすめ!!

BenQ EW2480の性能はIPSパネルの応答速度5ms、リフレッシュレート75HzとなっているのでCS機用としてのゲーミングモニターとPC兼用で考えてる方におすすめとなっています

PC兼用ではIPSパネルが必須

PC兼用でゲーミングモニターを使用する事を想定する液晶パネルはTNパネルよりもIPSパネルが必須となります。

TNパネルのゲーミングモニターは全体的に白く色が表現されるので、PCで使用すると青色が特に色の表現が異なるので『見にくい…』『白っぽく感じる…』といった事につながります

その点BenQ EW2480はIPSパネルを採用しているのでPC用にも最適なゲーミングモニターとなっています。

デュアルディスプレイとしても最適

 

デュアルディスプレイとしても最適

ゲーミングモニターとPCモニターを2台並べてデュアルディスプレイとして最適なのがこのBenQ EW2480です。

デュアルディスプレイとしても最適なウルトラスリムべセル

ウルトラスリムべセルでモニターの縁が約2ミリとディスプレイ画面が大きく見えるので、並べて使うには最適なんです。

すおうまん
すおうまん
ウルトラスリムべセルだと見た目もカッコよく画面に集中できます

BenQ EW2480で不満を感じた部分

BenQ EW2480を実際に使用して不満に感じた部分は2か所ありました。

  • 電源内蔵ではない
  • 高さ調整ができない

電源内蔵ではないのでケーブルがかさばる

電源内蔵ではないのでケーブルがかさばる

BenQ EW2480の電源はACアダプターと電源ケーブルを接続する必要があります。

すおうまん
すおうまん
価格が安いタイプにありがちですが、ケーブルがかさばるので嫌いです

なので電源内蔵にこだわる方にはおすすめはできません。

デュアルディスプレイだと高さ調整できないのがつらい…

高さ調整ができない

ゲーミングモニターを1台だけで使用すると高さ調整というのはそんなに気になりませんが、複数所持しているとどうしても高さ調整ができない…という点が不満に感じてしまいます。

ドスパラ限定のCS機向けのゲーミングモニター(左:EW2480、右:RL2455S)同じBenQ ですが微妙に高さ調整が合いません

同じBenQ でも高さがあわない
すおうまん
すおうまん
高さ調整がしたい方はVESAマウントに対応しているのでモニターアームを別途購入するしか解決できません

まとめ:BenQ EW2480の総合評価

BenQ EW2480のまとめとして総合的に評価しました。※☆3が普通です

BenQ EW2480の総合評価
価格
ゲーム用の性能
モニタの機能
音量や音質
見た目
使いやすさ
色合い
PCモニター兼用

CS機向けの性能としては応答速度5ms(GTG)と不安に感じるかと思いますが、PS4での応答速度は16㎳以下であれば影響は出ないので違いは感じられないです。

BenQ EW2480はドスパラ公式サイトのみで購入できる

BenQ EW2480はドスパラ公式サイトのみで購入できる

今回の実機レビューしたBenQ EW2480のゲーミングモニターは、ドスパラ限定で売られているモニターになります。

すおうまん
すおうまん
Amazonアカウントで簡単に購入でき、楽天ペイでもポイントがたまるのですごくお得です

BenQ EW2480の購入はこちらからできます

 

おすすめ ゲーミングPC 
  • G-GEAR GA7J-D181/T

    高性能のCore i7-9700kに加えてNVIDIAのGeforce RTX™ 2070のグラフィックカード。高速処理が可能な16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)を搭載しているモデル。 他のサイトよりも安く買えるのが一番のおすすめ理由です
  • GALLERIA XF RTX2070SUPER

    GALLERIA XFはゲームを快適にプレイできる性能である高性能CPUと4K画像のGPU、ゲーム動作に必要なメモリが16GB標準構成となっている人気モデルです
  • GALLERIA XT

    最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。