【どっちがいい?】ビットバンクとGMOコインを比較

こんな悩みを解決します

ビットバンクとGMOコインの違いが知りたい。

本記事の内容は以下の通りです。

ビットバンクとGMOコインの公式サイトを見ても違いが分かりにくく、おすすめになっているけど
どっちを選んでいいのか悩んでませんか?

実はビットバンクとGMOコインには明確な特徴の違いがあります。暗号資産を取引する上では選び方によって損をしてします。

なぜなら利用目的によってメリット・デメリットが違うからです。

私は実際に両方とも利用しているのでそれぞれの良さも知っています。上手く使い分けることで暗号資産の取引で損をしていません。

とはいえ…
  • どちらがいいの?
  • どう違うの?

という疑問もあるかと思います。

そこで本記事ではビットバンクとGMOコインの損をしない選び方を教えます

この記事を読むとビットバンクとGMOコインの違いが分かり、どっちがおすすめなのかが分かるようになります。

結論はメリットやデメリットを見てビットバンクとGMOコインを利用目的で選ぶだけです。それだけで損をせずに暗号資産の取引ができるようになります。

目次

ビットバンクとGMOコインの違いとは?

ビットバンクの特徴

運営会社ビットバンク株式会社
取引銘柄数20種類
手数料入金手数料|無料

出金手数|550円~770円
(3万円以上)
送金手数料|0.0006BTC/0.15XRP/0.005ETH…
販売所取引手数料|無料
取引所取引手数料|Maker-0.02%/Taker0.12%※一部銘柄を除く
最低取引額0.0001BTC
レバレッジ取引なし
特徴取り扱い銘柄全20種類板取引に対応
初心者の方でも使いやすい

セキュリティ国内NO.1
認証規格ISO/IEC27001:2013, JIS Q 27001:2014
認証番号4672633
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号
口コミ評価評価4.6
利用者数10万人以上
詳細公式サイト
bitbankの概要

ビットバンクの最大の特徴は取扱銘柄すべて取引所で購入できる板取引に対応しているという事。スマホアプリでも同じように対応している販売所による余分なスプレッドを払う必要もなく取引ができます。

暗号資産のセキュリティ評価を唯一している第三者機関のCER.liveのセキュリティー評価でも国内NO.1の評価※2022年10月

またGoogleプレイストアやApp Storeでのアプリが使いやすいというダントツの4.6の評価が特徴となっています。

どれをとっても評価が良く、安心して取引できる取引所という事が言えます。

\ GMOコインより安く購入できます/

GMOコインの特徴

GMOコイン
運営会社GMOコイン株式会社 ※Wiki
取引銘柄数23種類
手数料入金手数料|無料

出金手数|無料
送金手数料|無料
販売所取引手数料|無料
取引所取引手数料|Maker-0.01%/Taker0.05%※一部銘柄
最低取引額30円~
レバレッジ取引2倍
特徴取扱銘柄数No.1
各種手数料が無料
信頼と実績のGMOグループ
認証規格第一種金融商品取引業者
認証番号第3188号
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00006
口コミ評価評価3.9
振込先金融機関PayPay銀行
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
ゆうちょ銀行
住信SBIネット銀行
利用者数10万人以上
対応しているデバイスPCブラウザ
スマホアプ
公式サイトGMOコイン
GMOコインの概要

GMOコイン取扱銘柄数が国内No1の取引所です。なのでビットバンクをはじめ様々なアルトコインの取引ができます。

取引するユーザーには嬉しい各種手数料が無料になっているのも特徴です。送金の手数料が必要ないので余分なコストを支払わなくて済みます。

運営会社はGMOコイン株式会社でGMOのインタネットグループで培われた金融サービスのノウハウを武器に安心して取引ができます。

手数料や実績など見ても人気の取引所という事が言えます。

\ ビットバンクより手数料が安い /

ビットバンクとGMOコインを比較

スクロールできます
ビットバンクGMOコイン
取扱銘柄20種類23種類
入金手数料無料無料
出金手数料550円~770円(3万円以上)無料
送金手数料0.0006BTC
0.15XRP
0.005ETH
無料
販売所
取引手数料
無料
※スプレッドは必要
無料
※スプレッドは必要
取引所
取引手数料
Maker-0.02%
Taker0.12%
※一部銘柄を除く
Maker-0.01%
Taker0.05%
※一部銘柄を除く
レバレッジ
取引
なし2倍
最低
取引金額
0.0001BTC30円~
関連サービス貸して増やす貸暗号資産
暗号資産FX
口コミ評価4.63.9
詳細公式サイト公式サイト
ビットバンクとGMOコインの比較表

取扱銘柄数(販売所と取引所)

ビットバンクGMOコイン
取扱銘柄数(販売所)20種類23種類
板取引対応銘柄数(取引所)PC/アプリ20種類/20種類21種類/21種類
取扱銘柄数を比較

取引銘柄数ではGMOコインの方が多いです。

GMOコインではビットバンクで取引できないSOLやXEMやBCHを購入することできます。

ビットバンクではGMOコインでは購入できないASTRやBCCやKINKやBOBAやMATICなどが購入できるの一長一短と言えます

取引銘柄GMOコイン
23種類
bitbank
20種類
BTC
ETH
XRP
XEM
LTC
BCH
MONA
XLM
QTUM
BAT
ENJ
OMG
BCC
XYM
KINK
MKR
BOBA
MATIC
XTZ
ASTR
DOT
LINK/LNK
ADA
ATOM
FCR
DOGE
SOL
取り扱い銘柄の比較

入金手数料

入金先ビットバンクGMOコイン
GMOあおぞらネット銀行無料無料
住信SBIネット銀行無料無料
上記以外の銀行無料無料
入金手数料を比較

ビットバンクもGMOコインも日本円の入金手数料はどれも無料になっているので違いはありません。

ただし、GMOコインでは入金先の銀行が楽天銀行やPayPay銀行、ゆうちょ銀行にも対応しているので、金融機関の手数料を考えるGMOコインの方が選択肢が多いのはいいことです。

出金手数料

出金先ビットバンクGMOコイン
指定なし550円~770円(3万円以上)無料※大口出金は400円
出金手数料を比較

ビットバンクとGMOコインでは日本円を銀行に振込む出金手数料はGMOコインの無料で安いです。

大口出金の場合は400円になりますがそれでも770円と比べると370円ほどGMOコインが安くなっています。

送金手数料

暗号資産ビットバンクGMOコイン
BTC0.0006BTC無料
ETH0.005ETH無料
XRP0.15XRP無料
LTC0.001LTC無料
BCH0.001BCH無料
XLM0.01XLM無料
送金手数料を比較

ビットバンクとGMOコインの送金手数料はGMOコインの方がすべて無料になっているので安いです。

なのでウォレットや他の取引所に送金する際にはGMOコインを利用した方がおトクだと言えます。

販売所取引手数料

ビットバンクGMOコイン
販売所
取引手数料
無料
※スプレッド狭い
無料
※スプレッド広い
販売所取引手数料を比較

暗号資産を簡単に交換できる販売所での取引手数料はどちらも無料になっているので違いありません。

ただし販売所で購入する際にかかる目に見えない手数料(スプレッド)は両方ともに広いのですがGMOコインの方が2.5%ほど狭くなっているので販売所を利用するなビットバンク方がの安いという事が言えます。

スプレッドとは?

スプレッドとは販売所で購入する際にかかる交換業者の取り分(利益)のことで交換業者(取引所)によって違う。スプレッドが広い方が損をする

スプレッドの比較はこちら

取引所取引手数料

ビットバンクGMOコイン
取引所
取引手数料
Maker-0.02%
Taker0.12%
※一部銘柄を除く
Maker-0.01%
Taker0.05%
※一部銘柄を除く
取引所取引手数料を比較

取引所取引手数料はGMOコインよりビットバンクの方が安く購入できます。

取引所(板取引)で暗号資産を取引する際は金額を指定する指値注文と現状の流れに任せて取引する成行注文があります。

この指値注文をMaker(メイカー)・成行注文をTaker(テイカー)と呼ぶのですが指値注文をした場合はビットバンク、成り行き注文をした場合はGMOコインの方が安く購入できるので一長一短と言えます。

レバレッジ取引

ビットバンクGMOコイン
レバレッジ取引なし2倍
レバレッジ取引を比較

少なく資金で大きな取引ができるレバレッジ取引ですが、GMOコインだけ対応しています。

レバレッジ取引の銘柄はBTC・ETH・BCH・LTC・XRPのJPYで可能になっています。※必要証拠金が50%(日本円)

最低取引金額

ビットバンクGMOコイン
最低取引金額0.0001BTC30円~
最低取引金額を比較

最低取引金額はビットバンクよりもGMOコインの方が少額で購入することができます。

ビットバンクは0.0001BTCなので日本円で換算すると約280円(レート280万)。GMOコインの方が30円~購入することができるの少ない金額でも暗号資産を購入することができます。

ただし少額投資と考えると1,000円くらいからが主流になっているので、そう考えると違いはないと言えます。

関連サービス

ビットバンクGMOコイン
関連サービス貸して増やす貸暗号資産
つみたて暗号資産
暗号資産FX
関連サービスを比較

関連サービスではビットバンクよりGMOコインの方がサービスは充実しています。

ビットバンクでは貸して増やすサービスのみですが、GMOコインではつみたてや貸暗号資産や暗号資産FXまで対応しているので暗号資産の投資向けだと言えます。

口コミ評価

ビットバンクGMOコイン
口コミ評価4.63.9
口コミ評価を比較

口コミ評価はビットバンクの方が高評価になっています。

ビットバンクの口コミ評価GMOコインの口コミ評価では使いやすさの違いがありました。

GMOコインはアプリの設定からトレーダーモードに変更することで様々な取引ができるのですが少し面倒な作業を感じる方もいます。

なので初めて暗号資産を取り扱うのなら簡単に取引ができるビットバンクが良いと言えるでしょう。

【どっちがいい?】ビットバンクとGMOコインの損をしない選び方

ビットバンクがおすすめな人

ビットバンクがおすすめな人
  • 暗号資産を安く購入したい人
  • スマホアプリでも扱いやすいので初心者におすすめ

暗号資産を安く購入しいた人はビットバンクがおすすめ

ビットバンクはGMOコインよりも販売所と取引所(板取引)ともに安く暗号資産を購入することができます。

販売所では1ビットコインを購入した際に発生するスプレッドの費用を比較したのですがGMOコインはビットコインの2倍という結果になっています。

スプレッド比率1BTC当たりのスプレッドの費用(コスト)
ビットバンク2.5%69,750円
GMOコイン5.0%140,137円
スプレッドを比較

1BTCのレート:2,790,623円 購入時では2,875,600円 売却時では2,705,300円
買い手の価格(Ask)ー売り手の価格(Bid)=スプレッドとして算出

つまり同じビットコインを購入してもビットバンクの方がスプレッド費用が少ないのでおトクに取引することができます。

板取引の取引所でもGMOコインもメイカー手数料がマイナスなのですが、ビットバンクの方が大きくマイナス手数料になっているのでこちらも多く手数料をもらって取引することができます。

したがってGMOコインよりもビットバンクの方が安く購入できるのでおすすめです

\ GMOコインより安く購入できます/

スマホアプリが扱いやすいので初心者におすすめ

ビットバンクがGMOコインよりスマホアプリが使いやすいので初心者におすすめです。

GMOコインのスマホアプリの画面

GMOコインではノーマルモードでは販売所でしか購入できなく板取引を行うためにはトレーダーモードに変更する必要があります。

変更後もサービスが充実している故の欠点でどれで購入したらいいのか?分かりづらい画面。最終的な取引が画面でも同じような印象です。

ビットバンクのスマホアプリの画面

ビットバンクではスマホアプリは分かりやすいようになっています。設定を変更することなく板取引を行うこができます。

チャートも表示されているのでトレンドも一目で分かり、取引画面が圧倒的に分かりやすく使いやすくなっています。

したがって、スマホアプリが扱いやすいので初心者におすすめです。

\ GMOコインより取引しやすいアプリ/

GMOコインがおすすめな人

GMOコインがおすすめな人は以下の通りです。

GMOコインがおすすめな人
  • 楽天銀行やPayPay銀行やゆうちょ銀行を利用している人
  • 暗号資産FXやレバレッジ取引をしたい人

楽天銀行やPayPay銀行やゆうちょ銀行を利用している人はGMOコインがおすすめ

GMOコインにはビットバンクで対応していない入金先に楽天銀行やPayPay銀行やゆうちょ銀行があります。

入金先の銀行の口座を持っていると金融機関の手数料が無料になるので安く日本円を入金することができます。

したがって楽天銀行やPayPay銀行やゆうちょ銀行を利用している人はGMOコインがおすすめという事が言えます

\ ビットバンクにない入金先の銀行がある /

暗号資産のFXやレバレッジ取引をしたいのであればGMOコインがおすすめ

GMOコインはビットバンクにはない暗号資産にレバレッジをかけて証拠金取引をする方法の暗号資産FXと少ない資金で2倍の取引ができる2倍レバレッジ取引に対応しているので暗号資産の投資向けにおすすめです。

GMOコイン:レバレッジ取引
GMOコイン:暗号資産FX

ぞれぞれリスクはありますが暗号資産の投資をした方はビットバンクよりもGMOコイン方が成果を達成しやすいサービスがあります。

\ ビットバンクにない暗号資産投資ができる /

ビットバンクとGMOコインのメリット・デメリット

ビットバンクのメリット・デメリット

ビットバンクがGMOコインより優れているとこをメリット、劣っていてところをデメリットでまとめました。

メリットデメリット
暗号資産を安く購入できる
取引しやすいアプリ
口コミ評価が高い
送金手数料がかかる
出金手数料が高い
サービスが少ない
ビットバンクのメリット・デメリット

ビットバンクの申し込みはこちら>>>ビットバンク公式サイト

GMOコインのメリット・デメリット

GMOコインがビットバンクより優れているとこをメリット、劣っていてところをデメリットでまとめました。

メリットデメリット
手数料が安い
入金先の銀行が豊富
暗号資産FXやレバレッジ取引ができる
30円から購入できる
使いにくいアプリ
口コミ評価が低い
GMOコインのメリット・デメリット

GMOコインの申し込みはこちら>>>GMOコイン公式サイト

まとめ

ビットバンクとGMOコインの比較としていくつかの項目で解説してきました。

ビットバンクとGMOコインはどっちがいい?と悩んでしまう場合は取引するのにストレスを感じなく、初心者でも安心して使えるビットバンクがおすすめです。

その他にもおすすめの仮想通貨取引所も紹介しているので参考にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次