Coincheck(コインチェック)のセキュリティーの安全性|ハッキング対策ついて

Coincheck(コインチェック)のセキュリティーの安全性についてどんなハッキング対策を行うことで安全に取引ができるようになっているか?を解説しています。

こんな方は必見です!
  • Coincheckで取引を行うのが不安な方
  • Coincheckの事件で危険性あると思っている人

暗号資産を取引する以上リスクはつきものですが、少しでもセキュリティーが高い取引所を選びたいですよね?

Coincheck取引所は国内でも屈指のセキュリティーの高い取引所です。

すおうまん

安心して暗号資産を取引できるCoincheckで是非取引をおこなってください

  • オフライン環境で暗号資産の管理している
  • 徹底的に行われる二段階認証
口座開設キャンペーンも行っています!
ビットコインが貰えるキャンペーン実施中
コインチェック

キャンペーン期間:2022年9/30まで
条件:新規口座開設と72時間以内に1円以上の入金

条件を満たしたか方全員に1,500円分のビットコインが貰えます

キャンペーンは早期終了する恐れもあるので今すぐ登録してください

応募方法はここから申し込みするだけです!!

目次

Coincheck(コインチェック)のセキュリティーについて

Coincheck(コインチェック)セキュリティー面は過去に1度ハッキングされた経験を生かしてハッキング対策等の安全性が強化されています。

このハッキングされた事件をNEM(ネム)事件というのですが、暗号資産であるNEM(ネム)が流出し被害総額は約580億円にもなった仮想通貨史上で有名な出来事。

外部からの不正アクセス(社員当てに送信されたメールからのウイルス感染)にことが原因。

事件当時2018年1月26日の段階では仮想通貨取引所全体のハッキング対策が不十分でしたが、事件後国内ネット証券であるマネックスグループの傘下になり今では暗号資産交換業者として登録もされいてセキュリティー面に関しては安心できる暗号資産取引所です。

名称Coincheck
運営会社コインチェック株式会社
本社所在地東京都渋谷区円山町3番6号E・スペースタワー12階
設立日2012年8月28日(レジェプレス株式会社)
親会社マネックスグループ株式会社
認証規格なし
認証番号なし
暗号資産交換業者登録番号関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00014号
詳細公式サイト
Coincheckの会社
すおうまん

Coincheck(コインチェック)の強化されたセキュリティー面について、解説していきますね。

\ 安心できる会社 /

Coincheck(コインチェック)のハッキングされた原因

そもそもCoincheck(コインチェック)がハッキングされた原因というのはホットウォレットだけで管理していたからと推測されています。

ホットウォレットとはインターネットに接続されている環境で保管しているウォレット(財布)のこと。各取引所は顧客から預かって暗号資産をこのホットウォレットのみで管理していました。

常にネット環境にさらされているということは脆弱性に付け込まれるということ。

脆弱性

コンピューターのOSやソフトウェアにおいて、プログラムの不具合や設計上のミスが原因となって発生した情報セキュリティ上の欠陥がある状態コンピューターを利用していると不正アクセスに利用されたり、ウイルス感染による危険性がある

総務省の国民のための情報セキュリティーサイトより引用

NEM(ネム)事件はこの脆弱性につけこんだ手口によるもので、保管のあり方そのものを考えさせられる事件でもありました。

Coincheck(コインチェック)では事件後様々な面でハッキング対策を行っており安全に取引ができるようになっています。

すおうまん

強化されたハッキング対策について見ていきましょう!

【無料】今すぐCoincheckで口座開設をする>>>

Coincheck(コインチェック)のハッキング対策

Coincheck(コインチェック)で事件後強化されたハッキング対策は以下の通りです。

強化されたハッキング対策
  • コールドウォレットによるハッキング対策
  • 二段階認証によるハッキング対策
すおうまん

これの2つがあるから、今は安心してCoincheck(コインチェック)で取引ができるんですよね

コールドウォレットによるハッキング対策

ホットウォレットはインターネットに接続している環境で管理しているウォレットのことと説明しましたが、このコールドウォレットはまさにその逆の性質をもつウォレットになっています。

ホットウォレットと違ってコールドウォレットはインターネットから完全に隔離された状態によるオフライン環境で管理しているウォレットになっています。

ハッキングの原因はネットの接続環境による脆弱性だったので、ネット環境を完全に遮断することで不正アクセスができない仕組みになっています。

このコールドウォレットは暗号化して管理しているのでアクセスするためには暗号資産の秘密鍵が必要になるのでハッキングの危険性がないため安全です

二段階認証によるハッキング対策

Coincheck(コインチェック)では徹底的に二段階認証による不正アクセスにハッキング対策をおこなっています。

この二段階認証は従来のログインとは別にSMSやメールや認証アプリによるワンタイムパスワードを発行して認証コードを入力する仕組みになっています。

この二段階認証を使うことで自身の使っているパソコンがウイルス感染した場合でも、ログインできない状態にすることができます。

二段階認証を必要とする場合
  • ログイン時
  • 入金時
  • 送金時
  • 出金時
  • 購入時

といったあらゆる取引所の度に二段階認証を使っているので、不正アクセスよるハッキング対策を徹底的に行っています。

毎回入力しないといけないデメリットを感じてしまいますが、それだけ安心できるようになっているということです。

すおうまん

Coincheckでハッキング対策を行っていますが必ずしも100%ではないので自身でリスク回避をすることでより安全に暗号資産を取引できるようになります。

【無料】今すぐCoincheckで口座開設をする>>>

Coincheck(コインチェック)でリスク回避する方法

Coincheck(コインチェック)でリスク回避方法は取引所のウォレットとは別にMetaMaskのようなウォレットに暗号資産を送金してリスク回避することができます。

このMetaMaskは必要じ応じてネット環境に接続するタイプのウォレットなので取引所のコールドウォレットよりもリスクは高くなっていますが取引所がなくなった場合でも暗号資産を保管できるので道連れになることを回避することもできるようになっています。

しかもこのMetaMaskなどのウォレットは複数のアカウントを作れるのるので保管用に1つ、取引所に接続用に1つ、さらに予備としてもう1つ持つことでリスクを軽減していけます。

すおうまん

何事も他人に頼るんではなく自分の身は自分で守るすべも必要だということです。

【無料】今すぐCoincheckで口座開設をする>>>

まとめ:Coincheck(コインチェック)の安全性

Coincheck(コインチェック)のセキュリティーについていくつかの項目で解説してきました。

Coincheck(コインチェック)のセキュリティー面、いわゆる安全性に関してまとめると以下の通りです。

Coincheckの安全性
  • 二段階認証による安全性
  • コールドウォレットによる安全性

暗号資産取引所で取引を行う以上リスクが0%ということはありませんので、あなた自身で守ることも必要です。

事件後に強化されたセキュリティー面があるからこそ、Coincheck(コインチェック)の取引所は安心して暗号資産の取引ができるのようになっている訳です。

  • オフライン環境で暗号資産の管理している
  • 徹底的に行われる二段階認証
口座開設キャンペーンも行っています!
ビットコインが貰えるキャンペーン実施中
コインチェック

キャンペーン期間:2022年9/30まで
条件:新規口座開設と72時間以内に1円以上の入金

条件を満たしたか方全員に1,500円分のビットコインが貰えます

キャンペーンは早期終了する恐れもあるので今すぐ登録してください

応募方法はここから申し込みするだけです!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次