ネット回線

【PS4】FPSゲームで目安にしたい回線速度とPing値

【PS4】FPSゲームで目安にしたい回線速度とPing値

どうも(@suouman)です。

FPSゲームで回線速度は大切なんですか?自分の回線速度がわからないので、調べ方も含めて目安を知りたいです。

このような悩みを解決できる記事となっています。

PS4でFPSゲームをする際での回線速度とPing値の目安を紹介します。オンラインでのFPSゲームでの回線速度ですが一定の速度があれば問題ないのですが

それよりも大切なのはPing値になりますので測定してみて自分のPing値も回線速度と一緒に確認してください。

インターネット回線速度の調べ方

インターネット回線速度はMbps(メガバイト)という単位で表示され、上り回線/下り回線というように分けられて表示されます。

上り回線→アップロード(データの送信速度)

下り回線→ダウンロード(データの受信速度)

となっています。まずは自分のインターネット回線速度を測ってみましょう!!

speedtestで回線速度を測定

speedtestで回線速度を測定

インターネット回線速度を測定してくれるspeedtestのサイトで自分の回線速度がわかります。このサイトを使う理由は回線速度(上り/下り)とPing値というのを測る事ができるからです。

真ん中の『GO』をクリックすると測定開始になります。

 

計測完了画面ではこのように結果が表示されます。

※PCを使っての測定結果になっています

NTT マンション PING

画面左上から順番にPing値 下り回線(ダウンロード)上り回線(アップロード)と表示されます。これが今現在のインターネット環境での回線速度になります。

すおうまん
すおうまん
回線速度が遅い部分は触れないでください…ww

測定する機器で数値が変わります

わたしの場合ですとPCとPS4本体設定から測定とPS4インターネットブラウザーでの測定と3つ行いました。以外にも数値はバラバラであくまでも目安となっています。

PS4インターネットブラウザを使って回線速度測定

PS4のメイン画面からインターネットブラウザを起動してspeedtest.netでの測定です。PS4画面にブラウザが無い場合は『ライブラリ』に入っていますので画面右上の検索窓で『speedtest.net』と検索してください。

PS4ブラウザー回線速度検索

そうすると、先ほどお見せした同じ画面になりますので真ん中の『GO』で計測が始まります。※計測後一時的にPS4本体が重くなった場合は再起動するだけで治ります。

PS4ブラウザー回線速度

PS4本体設定からの回線速度測定

PS4本体からも回線速度を確認する事ができます。PS4本体設定→ネットワーク→インターネット接続を診断で測定できます。

PS4本体設定からの回線速度測定
Ping値上り回線下り回線
PC16ms92.95Mbps90.19Mbps
PS4ブラウザ30ms90.16Mbps65.59Mbps
PS4本体設定不可8.5Mbps85.9MbMbps

おなじ測定サイトでもこれだけ変わってきます。特にPS4本体設定での上り回線速度は遅くなっており、計測結果も大幅に変化します。

すおうまん
すおうまん
どれを基準に考えたらいいのかわかりませんよね?

回線速度はインターネットブラウザかPCでの測定結果が基準

でいいです。理由は所持しているPS4本体がひとつはダイレクト(NATタイプ1)で普段愛用しているPS4本体ではルーター経由(NATタイプ2)での両方測定しても同じ結果だったからです。

FPSゲームでの目安の回線速度とPing値

インターネットの回線速度の測定がわかったので回線速度の数値を目安となる表で照らし合わせてみましょう。

目安となる回線速度とPing値

目安となる数値ですが上り回線速度ではなく下り回線速度で照らし合わせてください。

回線速度の目安

0~30Mbpsインターネット閲覧程度でFPSでは遅すぎる
30MpbsFPSゲームの最低速度
60Mbpsここまであれば問題ない速度
それ以上素晴らしい

オンラインでFPSをする際の回線速度の目安は『30Mbps~60Mbps』が基準なっています。それ以上の回線速度が出ている場合は問題ありませんが、下り回線が遅すぎるとFPSゲームでの影響もでてきます。

Ping値の目安

0~10凄く速い 一桁が理想です。
10~20FPSでは15msが平均
20~30ラグを少し感じる
30以上ストレスを感じるぐらいラグがある

Ping値でのFPSの基準ですは15ms前後になっています。FPSプロゲーマーの人達のPing値は大体一桁になっています。できれば10msより速いのがいいです。

すおうまん
すおうまん
FPSゲーム中、少しラグを感じる所があったりもしますが影響が出ない程度でのプレイは出来ています

回線によるFPSゲームへの影響は?

回線によるFPSゲームへ影響では『撃ち負ける』といった事や『ラグイ』といった事になります。

撃ち負ける影響では実際に表示されているよりも遅く表示されるために起こりうる現象で『遅延』に分類されます。その為『カクツキ』や『ラグ』といった症状もでてしまいます。

初弾を当てているのに撃ち負けてしまう場合は回線の影響を疑うべきですね。

※エイム力があるという前提になります。

回線速度よりも重要なPING値とは?

回線速度よりも重要なPING値

Ping値というのは応答速度になります。FPSゲームでは回線速度よりもこの応答速度のほうが重要なんです。

Ping値(応答速度)データの送受信にかかる時間 ㎳は1/1000秒になります。

回線速度 1秒間に送受信できるデータの量 Mbps(メガバイト)

FPSゲームではサーバーからデータを送受信します。その時間が遅くなると『遅延』が起こりラグや撃ち負けるといった事につながります。

無線ルーターだとPing値が高い

FPSゲームで有線接続が推薦される理由はこのPing値にあります。一般家庭で使われて無線ルーターだとPing値の平均は30~50msになります。

この数値は問題なくプレイできるという方もいますが、ゲームへの影響もとても強くなります。実際にプレイしてる人はラグを感じにくいといった事が多く気づいていないだけで、他のプレイヤーからするとカクツキやワープといった現象が起こる数値にもなります。

ゲーミングルータであれば大丈夫

一般的なルータと違って、ゲーム専用のゲーミングルータを使う事でPing値を早くすることができます。

無線規格も新しくなっているので、いつかは非対応になるおそれと、値段が高いというデメリットがありますが性能は抜群に良いです。

 

回線でのストレスを感じずにFPSゲームをプレイするには

回線でのストレスを感じずにFPSゲームをプレイするには

インターネット回線でFPSゲームをプレイするには、回線速度とPing値速くするとストレスを感じずにプレイできます。具体的な方法としては2つあります

有線接続で快適にFPSをプレイする

快適にFPSゲームをプレイするのに重要なのは『Ping値』です。ゲーミングルータを使う無線の方法もありますが

快適にFPSをプレイするには有線接続が必須です。

有線接続では無線ルーターにくらべて回線速度/Ping値ともに早く安定しています。

無線ルーターでも一定の速さは出ますが、他の家電機器やコンクリート壁といった障害物による干渉もあるため回線が安定しません。

LANポートが無い場合

FPSゲームをする部屋までLANケーブルをのばして接続してください。無線ルーターより断然にいいです

LANケーブル選びも重要

有線ケーブルのLANにもカテゴリーという規格が分かれています。このカテゴリーの数字が大きくなると通信速度が速くなります。

5→5e→6→6A→7→7Aというように種類があります。

FPSゲームをする際の選び方としてはカテゴリ6もしくは7にしましょう。

回線負けしない光回線はNURO光だけ



FPSゲームをする際にのインターネット回線は最低でも『光回線』となります。

光回線の種類でもFPSで回線負けしないのがこのNURO光になります。

回線負けしない理由

NURO光が回線負けしない理由は最大2Gbpsという日本一回線が速いです。実際には2Gbpsという速度数値はでませんが

Ping値3 上り/下り回線 約800~900Mbps

これくらいは平均で回線速度と応答速度がでます。※条件にもよりますが

なので他のプレイヤーが使用してる光回線と同等もしくは速くなるのでFPSゲームでの回線負けがおこりません。

すおうまん
すおうまん
わたしの場合はPing値16 上り/下り回線速度は80Mbpsと約1/10です。これが回線を変えようと考えている理由でもあります。。。

他社との回線との違い

一般的に多いフレッツ光でも1Gbpsという超高速プランもあるのですが残念ながら、わたしのような集合住宅ではその1Gbpsを住人で分けているの回線が安定しなく速度も時間帯によっては遅くなります。

1Gbps→20人で分ける→1000÷20で一世帯当たり50Mbpsになります。

すおうまん
すおうまん
マンションでは回線速度が遅くなる理由は共同で使っているからで、わたしの回線も80Mbpsぐらいしか出ていない理由はフレッツ光だからです

NURO光は契約世帯に付きひとつの専用回線になるので最大2Gbpsであればその速度を自身で使うという方式になっているので他社よりも速くなります。

eスポーツやプロ選手も使用している回線。

わたしも良く感じるのですが、ゲーム実況や配信しているプロと同じような感じで撃ち合っていても撃ち負ける事ありませんか?

FPSでのプロ選手が使用しているPing値は1~9までの一桁の速い数値です。一般的な10~20というPing値ではそもそも条件が違うので同じように撃ち合っても負けてしまうことになります。

FPSゲームでの勝ち負けはコンマ何秒の世界で決まります。ほんの一瞬の応答速度の差で勝敗が左右されることもあり、FPSゲームで回線負けをしないという理由はPing値が速いからとなります。

デメリットは地域が限定

FPSにでの回線速度と応答速度が速いNURO光ですが実はデメリットがあります。それは全国都道府県に対応していない事で関東や関西と九州と東海エリアになっています。

NURO光対応エリア
  • 関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海エリア(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西エリア(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州エリア(福岡、佐賀)

対応しているエリアであればFPSで回線負けをする心配がないNURO光が一番早く、安定しています。

ドスパラ おすすめ ゲーミングPC【GALLERIA】 
  • GALLERIA XF

    RTX プラットフォームを採用したRTX 2070は、 最新のゲーム世界を革新的なクオリティで体験するため、 圧倒的な性能を与えられています。 GALLERIA XFは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。
  • GALLERIA XT1060

    3Dの美しい映像を表現するためのパワー。 最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。
  • GALLERIA ZG i7-9700k

    最新のゲームタイトルに対応する為、DDR4-2666高速メモリを搭載し、快適かつ安定したゲームプレイが可能です。 さらにボイスチャットや動画配信など他のツールを併用しても、快適なプレイ環境を維持できます。