ネット回線

【PS4】FPSゲームでは回線速度よりもPING値が重要!目安と改善方法も紹介

【PS4】FPSゲームで目安にしたい回線速度とPing値

どうも(@suouman)です。

FPSゲームで回線速度は大切なんですか?自分の回線速度がわからないので、調べ方も含めて目安を知りたいです。

このような悩みを解決できる記事となっています。

PS4でFPSゲームをする際での回線速度とPing値の目安を紹介します。オンラインでのFPSゲームでの回線速度ですが一定の速度があれば問題ないのですが

それよりも大切なのはPing値になりますので測定してみて自分のPing値も回線速度と一緒に確認してください。

PS4 回線速度が速くなる方法を検証 《GoogleパブリックDNS》
《検証》GoogleパブリックDNSでPS4の回線が速くなるのか!?PS4の回線速度はGoogleパブリックDNSを使う事で早くなります。設定方法も簡単でプライマリーDNSに『8.8.8.8』セカンダリーDNSに『8.8.4.4』と入力するだけで回線速度が上がりセキュリティーもアップするのがGoogleが無料で提供しているDNSです...

インターネットの回線速度の調べ方

インターネット回線速度はMbps(メガバイト)という単位で表示され、上り回線/下り回線というように分けられて表示されます。

上り回線→アップロード(データの送信速度)

下り回線→ダウンロード(データの受信速度)

となっています。まずは自分のインターネット回線速度を測ってみましょう!!

speedtestで回線速度を測定

speedtestで回線速度を測定

インターネット回線速度を測定してくれるspeedtestのサイトで自分の回線速度がわかります。このサイトを使う理由は回線速度(上り/下り)とPing値というのを測る事ができるからです。

真ん中の『GO』をクリックすると測定開始になります。

 

計測完了画面ではこのように結果が表示されます。

※PCを使っての測定結果になっています

NTT マンション PING

画面左上から順番にPing値 下り回線(ダウンロード)上り回線(アップロード)と表示されます。これが今現在のインターネット環境での回線速度になります。

すおうまん
すおうまん
回線速度が遅い部分は触れないでください…ww

測定する機器で数値が変わります

わたしの場合ですとPCとPS4本体設定から測定とPS4インターネットブラウザーでの測定と3つ行いました。以外にも数値はバラバラであくまでも目安となっています。

PS4インターネットブラウザを使って回線速度測定

PS4のメイン画面からインターネットブラウザを起動してspeedtest.netでの測定です。PS4画面にブラウザが無い場合は『ライブラリ』に入っていますので画面右上の検索窓で『speedtest.net』と検索してください。

PS4ブラウザー回線速度検索

そうすると、先ほどお見せした同じ画面になりますので真ん中の『GO』で計測が始まります。※計測後一時的にPS4本体が重くなった場合は再起動するだけで治ります。

PS4ブラウザー回線速度

PS4本体設定からの回線速度測定

PS4本体からも回線速度を確認する事ができます。PS4本体設定→ネットワーク→インターネット接続を診断で測定できます。

PS4本体設定からの回線速度測定
Ping値上り回線下り回線
PC16ms92.95Mbps90.19Mbps
PS4ブラウザ30ms90.16Mbps65.59Mbps
PS4本体設定不可8.5Mbps85.9MbMbps

おなじ測定サイトでもこれだけ変わってきます。特にPS4本体設定での上り回線速度は遅くなっており、計測結果も大幅に変化します。

すおうまん
すおうまん
どれを基準に考えたらいいのかわかりませんよね?

回線速度はインターネットブラウザかPCでの測定結果が基準

でいいです。理由は所持しているPS4本体がひとつはダイレクト(NATタイプ1)で普段愛用しているPS4本体ではルーター経由(NATタイプ2)での両方測定しても同じ結果だったからです。

FPSゲームでの目安の回線速度

インターネットの回線速度の測定がわかったので回線速度の数値を目安となる表で照らし合わせてみましょう。

上り回線速度ではなく下り回線速度で照らし合わせてください。

0~30Mbps遅すぎる ADSL
30Mpbs凄く遅い 光回線VDSL方式
60Mbps遅い 光回線VDSL方式
100Mbps普通 光回線
500Mbps速い 光回線ダークファイバー

基本的にはFPSゲームで回線速度と言われているものはダウンロードにかかる時間を表しているものです。

FPSゲームで目安する回線速度は30Mpbs~60Mpbsあれば問題ありません。

回線速度によるゲームの影響は?

回線速度によるPS4ゲームへ影響ではFPS『撃ち負ける』といった事や『ラグイ』といった事になります。

撃ち負ける影響では実際に表示されているよりも遅く表示されるために起こりうる現象で『遅延』に分類されます。その為『カクツキ』や『ラグ』といった症状もでてしまいます。

ネット回線=回線速度=Ping値

回線速度が遅いとその分、Ping値が高くラグの原因にもなってしまいます。

回線速度が遅い原因

VDSL方式

光回線なのに回線速度が遅い場合は、マンションなどのVDSL方式が理由で考えられます。

VDSLとは?

本線からマンション内の分電盤までは光回線で来ているが、そこからは電話回線を利用して回線を送っている方式(光回線の本来の速度がでない)

その他にも、VDSL方式は最大100Mbpsとなっており電話回線を利用しているため混雑しやすい環境になっています。

WiFi(無線ルーター)を利用している

スマホなどで利用してるWiFiルーターでPS4をプレイしている際にも、回線速度は安定しないため落ち込みます。

FPSゲームでは回線速度よりもPING値が重要

回線速度よりも重要なPING値

Ping値というのは応答速度になります。FPSゲームでは回線速度よりもこの応答速度のほうが重要なんです。

Ping値(応答速度)データの送受信にかかる時間 ㎳は1/1000秒になります。

回線速度 1秒間に送受信できるデータの量 Mbps(メガバイト)

FPSゲームではサーバーからデータを送受信します。その時間が遅くなると『遅延』が起こりラグや撃ち負けるといった事につながります。

時間や使用している回線の利用者の数などによって左右されるのがこのPing値です。

なのでFSPゲームでは回線速度よりもPing値が低い事が重要になります。

PS4のFPSゲームで目安のPing値は16ms

PS4でFPSゲームをする際に目安にしたいPing値は一桁です。

すおうまん
すおうまん
理想は5ms程度であれば強い回線と言えます。

ではどのくらい遅いとラグが発生するかというと『16ms』が最低条件になります。

PS4本体のフレームレートは60fpsとなっており、1秒間に60回画面を切り替えが可能になっています。

1秒=1000ms(ミリ秒)であり、1秒間に60回なので
1回当たりの切り替え速度は16.6ms(ミリ秒)時間がかかります。

この16msよりもPing値が高いと、サーバーの情報とプレイ映像でのタイムラグが発生して遅延を感じることになります。

すおうまん
すおうまん
Ping値が高い海外サーバーでプレイすると、ラグイのはPing値が16msより高いから。正しい情報がリアルタイムで送受信できないので遅延が起こるというようになるんです。
1ms~5ms凄く快適
5ms~10ms快適にプレイ(目安)
10ms~15ms普通
16ms最低条件
16ms~ラグが発生する

※最低限16ms必要だが安定しないのもPing値の特徴なので、早いに越したことはないです。

回線速度のストレスを感じずにFPSゲームをプレイするには?

回線でのストレスを感じずにFPSゲームをプレイするには

回線速度とPing値を速くするとストレスを感じずにプレイできます。具体的な改善方法としては3つあります。

回線速度が速くなるとFPSゲームでは有利になるので是非検討してください。

有線接続で快適な速度になる

有線接続では無線ルーターにくらべて回線速度/Ping値ともに早く安定しています。

無線ルーターでも一定の速さは出ますが、他の家電機器やコンクリート壁といった障害物による干渉もあるため回線が安定しません。

LANポートが無い場合

PS4ゲームをする部屋までLANケーブルをのばして接続してください。無線ルーターより断然にいいです

LANケーブル選びも重要

有線ケーブルのLANにもカテゴリーという規格が分かれています。このカテゴリーの数字が大きくなると通信速度が速くなります。

5→5e→6→6A→7→7Aというように種類があります。

FPSゲームをする際の選び方としてはカテゴリ6もしくは7にしましょう。

ゲーミングルーターを使えば快適にプレイできる

FPSゲームで有線接続が推薦される理由はこのPing値にあります。一般家庭で使われて無線ルーターだとPing値の平均は30~50msになります。

この数値は問題なくプレイできるという方もいますが、ゲームへの影響もとても強くなります。実際にプレイしてる人はラグを感じにくいといった事が多く気づいていないだけで、他のプレイヤーからするとカクツキやワープといった現象が起こる数値にもなります。

一般的なルータと違って、ゲーム専用のゲーミングルータを使う事で回線速度やPing値を早くすることができます。

無線規格も新しくなっているので、いつかは非対応になるおそれと、値段が高いというデメリットがありますが性能は抜群に良いです。

光回線をダークファイバーに変更するのが一番おすすめ

FPS光回線おすすめランキング1位ストレスを感じない速い回線速度

FPSゲームをする際にのインターネット回線は最低でも『光回線』となります。光回線の種類でもダークファイバーでおすすめなのがこのNURO光(ニューロ)になります。

\最大83,000円キャッシュバック/

キャッシュバック適応か確認する

NURO光は1番速い光回線

NURO光が回線負けしない理由は最大2Gbpsという日本一回線が速いです。実際には2Gbpsという速度数値はでませんが

Ping値3 上り/下り回線 約800~900Mbps

これくらいは平均で回線速度とPing値(応答速度)がでます。※条件にもよりますが

なので他のプレイヤーが使用してる光回線と同等もしくは速くなるのでFPSゲームでの回線負けがおこりません。

eスポーツやプロ選手も使用している光回線。

わたしも良く感じるのですが、ゲーム実況や配信しているプロと同じような感じで撃ち合っていても撃ち負ける事ありませんか?

FPSでのプロ選手が使用しているPing値は1~5までの一桁の速い数値です。一般的な10~20というPing値ではそもそも条件が違うので同じように撃ち合っても負けてしまうことになります。

FPSゲームでの勝ち負けはコンマ何秒の世界で決まります。ほんの一瞬の応答速度の差で勝敗が左右されることもあり、FPSゲームで回線負けをしないという理由はPing値が速いからとなります。

NURO光最大8.3万円キャッシュバック!

デメリットは地域が限定

FPSにでの回線速度と応答速度が速いNURO光ですが実はデメリットがあります。それは全国都道府県に対応していない事で関東や関西と九州と東海エリアになっています。

NURO光対応エリア
  • 関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海エリア(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西エリア(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州エリア(福岡、佐賀)
  • 北海道エリアも拡大中

対応しているエリアであればFPSで回線負けをする心配がないNURO光(ニューロ)が一番早く、安定しています。

開通まで時間がかかるので今申し込みしないと、もっと遅くなってしまうくらい人気の光回線です

\回線負けしたくない人はこちらです/

NURO光の申し込み

その他のおすすめの光回線はこちらの記事で解説していますので、エリアが非対応の方は参考にしてください。

【2020年最新】FPSにおすすめの光回線!!混雑しない回線がポイント!

FPSで回線負けしないおすすめの光回線!!混雑しない回線を選ぶのがポイント
【2020年最新】FPSにおすすめの光回線!!混雑しない回線がポイント!FPSゲームで回線負けしないおすすめの光回線として、独自回線を使用してるダークファイバーを紹介しています。NTTの回線で起こる混雑がこのダークファイバーにはなくストレスなくFPSゲームをプレイできるようになっています。口コミ評価も高いNURO光がFPSで最強の光回線ですので参考にしてください...