モニター

PS4で使用するモニターの性能は気にしなくても良い!?《ポイントは3つ》

PS4で使用するモニターの性能は気にしなくても良い!?《ポイントは3つ》

PS4で使用するモニターを選ぶ際に気になるのが、安い商品で性能は大丈夫か?と心配になりますよね。実際に高い商品と見比べて見てもそこまで違いがいまいち分からず、差があるのは値段だけ…

間違った選び方をしてしまうと、オーバースペックとなりPS4で発揮できない性能のモニターを買ってしまうという最悪な結果になります。

PS4で使用するモニターは低価格のモニターで十分なんです。ただし気を付けておきたいポイントがあります。

  • 応答速度
  • リフレッシュレート
  • パネル表面処理

この3つのポイントだけしっかり見ていれば、他の性能はほぼ体感できないくらいですので気にしなくても良いです。

※フォートナイトやPUBG、FPSゲームに向いているモニターでもあります。ポイントを確認しつつ参考にしてください。

ポイント① 応答速度とは?1msあれば十分です。

PS4モニターやゲーミングモニターで検索すると真っ先に表示される一つが応答速度です。

そもそも応答速度は?色が変わる時間です。

モニターを選んでいる時に良く見かける応答速度というのは液晶パネルの色の変化にかかる時間になります。

液晶パネルは【黒→白→黒】といった変化がもっとも得意で、その速さが応答速度として表示されています。

応答速度1msは0.001秒

応答速度の表示でつかわれている単位は、1msで1秒の事ではありません。1秒の1000分の1を表す単位で0.001秒です。

2msと5msを比較した動画がこちらです

すおうまん
すおうまん
違いが少しあるような感じですね。これが0.003秒の差です

応答速度のGTG(Gray to Gray)

液晶パネルの色の変化には苦手な色があります。それが【グレー→グレー】です。同系色の変化は簡単そうに見えて、実は難しく一番時間がかかってしまいます。

このGTGという表示がされている応答速度は苦手な変化を重視している機能で、オーバードライブといいます(高速化)

すおうまん
すおうまん
苦手な変化も速いですよっと言うっている感じですね 吹き出しの内容

応答速度が遅いと変化が追いついてこない

色の変化が追いついていないということで、少しぼやけたり残像が残ったりしますね。レースゲームでの見え方は大分かわってきますね。

応答速度で遅延が起こるというと、実際には変化の遅延が起こっています。でもFPSゲームでも相手を倒すので1秒かからないくらいのタイムですが、その1000分の1秒の差がプロ以外にわかるか?というとまず体感できないでしょう。

もしすごい違いを感じているのであれば、それはネット回線による遅延と考えるべきですね

ポイント②リフレッシュレート60HzまでしかPS4は対応していない

リフレッシュレートとは一秒に何コマで構成されているかを表しているのことです。数値が多きほど画面がよりスムーズに動くという感じですね。

リフレッシュレートの呼び名としては2通りありまして、60Hzとい表示もあれば60fpsとも表示があり全く同じです。

PS4のリフレッシュレートは60Hzが最大

CS機(PS4など)はリフレッシュレートが最大60Hzまでになっています。

リフレッシュレートが144Hzのモニタ-を購入しても、出力されるのは60Hzまでなんです。

なのでPS4専用で使用する際は、60Hzあれば十分なんです。ここがPCで使用する際の違いですね。(PCでは60Hz以上でも可能です)

これは実際にわたしが使用しているモニターです、リフレッシュレートは75Hzですがww

リフレッシュレートの違い30Hzと60Hz

30fpsでの感想ですが、キャラクターの動きが少しカクカクしている感じが分かりますね。一方の60fpsでは、腕の振り方がスムーズでうごきが30fpsとくらべて滑らかなのが分かりますね。

すおうまん
すおうまん
これが皆が良く例える、カクカクかヌルヌルの違いです

接続するHDMIはハイスピード

リフレッシュレートを活かすためにはHDMI選びにも気を付けないといけません。高性能モニターでも出力するケーブルが普通だと駄目なんですよ( ..)φメモメモ

HDMIのケーブルの選び方

HDMIケーブルにも種類があります。接続する口の大きさでPS4の場合はAタイプになります。

その他HDMIでは

  • スタンダード
  • ハイスピード
  • プレミアムハイスピード

という種類に分かれており、HDMI選びではAタイプのハイスピードを選ぶといいです。

created by Rinker
アイレックス
¥934
(2019/05/26 23:24:17時点 Amazon調べ-詳細)

値段も安くオススメのHDMIですPS4PROや全種類のPS4に対応している商品です。

ポイント③ ノングレア(非光沢)で長時間プレイでも大丈夫

モニターの画面の表面処理には

  • 光沢(黒い画面だと反射して自分が見える)
  • 非光沢(反射しない)

の種類があります。

グレア(光沢)とノングレア(非光沢)の違い

光沢は画像が鮮明で綺麗にみえます。家庭用テレビやスマホの液晶も光沢型が多いです。

非光沢型(ノングレア)は鮮明な画像では光沢型には劣ってしまいますが、その分目への負担が少なく長時間ゲームしても疲れません。(わたしは最長12時間した事があります)

タブレットの保護フィルムの違いですが、すごく分かりやすいのです


ゲームは夢中になってしまうので、ノングレアのモニターをおススメします。

ノングレアのモニターに慣れてしまったら、光沢のテレビでゲームをすると目が痛くなります。それだけ目に負担がかかります(光沢型)※個人的感想

低価格の性能が良いおすすめモニター:バトルロイヤルに最適

モニターを購入する際は高いモニターが絶対に良いという風には当てはまりません。実際に遊んでいるゲームのジャンルにあわせて選ぶのも大切ですよね。フォートナイトやPUBGなどバトルロイヤルにおすすめのモニターです。

最近のモニターでは切り替えが付いており、FPSモードやレースモードといった感じで設定を変えれる商品も増えてきています。

I-O DATA ゲーミングモニター  GigaCrysta 

 

商品説明/特徴

  • リフレッシュレート60Hz
  • 応答速度0.8ms
  • サイズ24.5
  • PS4モニターで低価格で1番人気がある
  • HDMIが2つある
  • 目に優しいフリッカーレス
  • 解暗いシーンを鮮明に「Night Clear Vision」
  • 解像度1920×1080

Acer ゲーミングモニター KG241Qbmiix

商品説明/特徴

  • リフレッシュレート60Hz
  • 応答速度1ms
  • サイズ23.6
  • HDMIが2つある
  • 解像度1920×1080
  • 最適なモードを選べる、ゲームモード搭載
  • 暗い部分が見やすいブラックブースト
すおうまん
すおうまん
この2つが低価格で高性能のPS4モニターになります。

 

ドスパラ おすすめ ゲーミングPC【GALLERIA】 
  • GALLERIA XF

    RTX プラットフォームを採用したRTX 2070は、 最新のゲーム世界を革新的なクオリティで体験するため、 圧倒的な性能を与えられています。 GALLERIA XFは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。
  • GALLERIA XT1060

    3Dの美しい映像を表現するためのパワー。 最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。
  • GALLERIA ZG i7-9700k

    最新のゲームタイトルに対応する為、DDR4-2666高速メモリを搭載し、快適かつ安定したゲームプレイが可能です。 さらにボイスチャットや動画配信など他のツールを併用しても、快適なプレイ環境を維持できます。