次世代機PS5

次世代機PS5のフレームレートは120fpsまで対応 《最新情報》

次世代機PS5のフレームレートは120fpsまで対応 《最新情報》

どうもすおうまん(@suouman)です。

SONYの次世代機(PS5)の最新情報を紹介します。

2020年11月12日に発売されるPS5のフレームレートは最大120fpsまで対応となっています。

すおうまん
すおうまん
120fpsという事は60Hzモニターではなく120Hz以上のモニターが必要という事になります

次世代機PS5のフレームレートは120fps対応

PS4でのフレームレートは60fpsだったのが次世代機では120fpsまで対応であることが発表されました。

フレームレートとは

一秒間に再生できるコマの数なので数が多くなれば、ヌルヌル動くという表現になり、少ないフレームレートだとカクカク動くと表します。

PS4が最大60に対して次世代機PS5は120まで対応なので約2倍ヌルヌル動くという事になります。

フレームレート120fpsはどのくらい違う?

PS4が60fpsで次世代機PS5は120fps。PCでは144fp~240fpsとなっているので動画をみれば違いはすぐにわかりますね。

60fpsの特徴は【カクカク】した動きで、スロー再生ではあまりにも不自然な動きになっています。一方の120fpsではPCゲームに似た動きを再現できているのでヌルヌルまでいきませんが【ヌル】って動く程度にはなっていますね。

次世代機PS5では120fps対応のモニターが必要になる

PS4専用でモニターを使っている方の多くが60fpsまでのモニターを選んでいますが、2020年に発売される次世代機PS5の性能を発揮しようとするとPS4モニターではなく、PC用のスペックが必要になってきます。

リフレッシュレート/フレームレートは120Hz/fpsのモニターが必要。

恐らくですが常時120fpsは下回ると考えています。理由は4K画質とレイトレーシングなどの組み合わせによりフレームレートが下がる為で最大120fpsと考えるとフルHDかWQHD画質というところに落ち着きそうですね。

それでも120fps対応した120Hzもしくは144Hzのモニターが必要になるので注意してください。

すおうまん
すおうまん
わたし自身は現在ASUSのモニターなので同じタイプの144Hzを購入予定です

まとめ

次世代機PS5では120fps対応なので2020年に発売に合わせて、120Hzもしくは144Hzのゲームモニターが売れるようになり、60Hzまでのモニターの使いどころがなくなると予測されます。

これから、ゲームモニターを購入予定の人の考え方は2つになります。

  • PS4モニターと割り切って、次世代機PS5用は別で用意する
  • 次世代機PS5でも使えるスペックのモニター用意してPS4でしようする

各メーカーもこの発表を見ていると思われるので、2020年の年末には新作のモニターが出る可能性が高くなっています。モニターを買うタイミングが重要という事です。

次世代機PS5の性能に合うゲーミングモニターは4K対応の120㎐
次世代機PS5におすすめの144Hzゲーミングモニター《選び方も解説》次世代機PS5におすすめの144Hzのゲーミングモニターを紹介しています。4K対応ではなくWQHD解像度を選ぶのがポイントになっています。 これからゲーミングモニターを買う人はPS5も視野にいれてください...