パソコン

Lenovo Ideapad S540レビュー 価格と性能で選ぶノートパソコン

どうもすおうまんです。

普段はデスクトップで作業しているのですが、持ち運びに便利なノートパソコンの購入を考えて選んだのがLenovo Ideapad S540のノートパソコンです。

選んだLenovo Ideapad S540のスペック
サイズ15.6インチ
パネルフルHDのIPSパネル 非光沢
CPUIntel Core i5 10210U
メモリ8GB
ストレージPCIe SSD 256GB
バッテリー約17時間
重さ約1.8Kg

Ideapad S540の自己評価
値段
性能
バッテリー持ち
重さ
使い勝手
機能

オーソドックスともいえるこのスペックで価格はなんと6万台という驚きの安さなんです。最新の10世代のCore i5搭載しており、SSDも高速SSDをストレージとして使用しているノートパソコンです。

ノートパソコン選びで悩んでいた事

ノートパソコンを選ぶ際にコスパだけで見ると、どうしても中華製のノートパソコンになってしまう。国内メーカーは安心できるけど中華製はちょっと抵抗あるな…

とわたし自身思っていましたが、レノボは世界PC出荷シェアで世界1位の25%で公式サイトではすぐに売れきれるくらい人気のノートパソコンなんです。

すおうまん
すおうまん
実際に使用してみると、高価な国内メーカーを選ばなくて良かったと思えるくらい満足しています。

そこでこの記事では、Lenovo Ideapad S540のレビューはもちろんの事、『なぜLenovo Ideapad S540を選んだのか?』という観点も踏まえて説明していきますので参考にしてくださいね。

15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540の外観

Lenovo Ideapad S540はシンプルなアルミボディー

Lenovo Ideapad S540の外観

 

 

本体の大きさ
  • 横35.5㎝
  • 縦24.5㎝
  • 厚み1.8㎝

本体はアルミ製のグレー色になっています。表面は光沢ではなく艶消しっぽい仕上がりのマット調で右下のロゴがシンプルなデザインをオシャレに見せてくれます。

Lenovo Ideapad S540の外観

 

付属品はノートパソコン本体と充電ケーブルの2種類で急速充電対応となっています。

Lenovo Ideapad S540の外観

 

接続できる端子
  • 電源ケーブル
  • HDMI
  • USBtype-C
  • USB3.03.0×2(内1つはpoweredUSB)
  • SDカードリーダー

左側側面の接続端子:電源、HDMI、USBType-C、ヘッドフォン端子

Lenovo Ideapad S540の外観

 

右側側面の接続端子:USB3.0(powered)、USB3.0、SDカードリーダー

Lenovo Ideapad S540の外観

 

すおうまん
すおうまん
接続端子は必要最低限となっています。

Lenovo Ideapad S540のキーボード

Lenovo Ideapad S540キーボード

良く見ると一部ボタン間隔が狭い場所があります。

Lenovo Ideapad S540キーボード
ボタン間隔が狭い場所
  • Enter
  • Backspace
  • 右側Shift
  • Speace
  • 上下の矢印
すおうまん
すおうまん
Backspaceボタンが小さいので『¥』と押し間違いがえた時がたまにあります

Ideapad S540のキーボードは『Fn+Space』でキーボードが光るようになっています。

キーボードのボタンは少し浅めののタイプになっていますが、しっかり押している感覚もあるので使いやすいです。

Lenovo Ideapad S540キーボードは浅めのボタン
15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540液晶は非光沢IPSパネル

Lenovo Ideapad S540液晶は非光沢IPSパネル

 

非光沢になっているので反射や映りこむといった事がなくなるのが非光沢(ノングレア)となっています。

IPSパネルのフルHDの画質はこんな感じです※撮影のため分かりにくいかもしれませんが、TNパネルと比べると全然綺麗です。

Lenovo Ideapad S540液晶は非光沢IPSパネル

視野角も広いので横からみても色合いの変化もありません。

IPSパネルは視野角が広いので横からみても色合いの変化がない

液晶部分は180°まで倒すことができます。

Lenovo Ideapad S540液晶は180°まで開くことができる

Lenovo Ideapad S540は非光沢のIPSパネルのフルHDという贅沢な液晶パネルとなっています。一般的にはTNパネルを採用して価格を抑えているノートパソコンもありますが、IPSパネルの液晶はめちゃくちゃ綺麗に見えます。

モニターパネルの特徴

TNパネル低価格で色再現が白くなりがち
IPSパネル高価だけど色再現が一番綺麗
VAパネル高価だけど色再現がよく黒色が綺麗

別記事でゲーミングモニターを紹介しているため、パネルはIPSパネルが一番良いという知識がありました。逆に気にされない人も多いみたいですが、一度IPSパネルを使うとほかのパネルではダメになるくらい変わります。

※ほかにもIPSパネルは視野角が広いので見る角度によって色の変化が少ない

すおうまん
すおうまん
非光沢のパネルは光の反射が少ないので画面が見やすくなります。
15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

重さは約1.8Kgと15.6インチでは軽量タイプ

重さは約1.8Kgと15.6インチでは軽量タイプ

15.6インチの大きさで1.8Kgになっており、少し重たいかな?と感じるくらいで持ち運びに不便となる重たさではありません。

すおうまん
すおうまん
充電器は少し大きので200gありました

 

15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540の特徴

ポイント①臨場感が味わえるDOLBY AUDIO スピーカーシステム

ポイント①臨場感が味わえるDOLBY AUDIO搭載スピーカー

DOLBY AUDIO(ドルビーオーディオ)はハイエンドなゲーミングヘッドセットやシアターセットに搭載されている技術で、クリアで力強いサウンドが特徴となっています。

一般的なノートパソコンに搭載されているスピーカーより音質もよく綺麗にきこえ、専用のアプリを使えばイコライザーで音域を調整することが可能になっています。

すおうまん
すおうまん
スピーカーは手前にあるので臨場感が味わえます

ポイント②高速SSD搭載で立ち上げ6秒

Lenovo Ideapad S540の2つ目の特徴はPCIe SSDです。SSDにも規格が3種類ありSATA規格とPCIe規格、M.2規格あるのですが、このPCIe規格のSSDは一般的なSATA規格SSDよりも何倍も速いんです。

PCIe SSD約3000MB/s
SATA SSD約500MB/s

つまり爆速のSSDがPcle規格のSSDなんです。PCの立ち上がり速度は大体6秒ほどになります。(指紋認証込み)

Ideapad S540 高速SSD
すおうまん
すおうまん
SSDの違いは知らなかったので、この速さは驚きです

ポイント③6万円台の低価格で指紋認証とWebカメラ搭載

ポイント③6万円台の低価格で指紋認証とWebカメラ搭載

指紋認証も誤作動もなく一瞬で認識してくれます。ただWebカメラは既存のアプリで動作、設定確認するとHDの画質で30fpsとなっています。

すおうまん
すおうまん
30fpsだと少しかくついて見えますね
15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540はインテル製のCPUがおすすめ

ノートパソコンの心臓であるCPUはCore i5に強くこだわりました。CPUの有名メーカーはintelとAMDの2種類ありますが、性能と価格を考えるとAMDのCPUの方が断然に良いのですがバッテリー持ちが悪いという点でインテル製のCPUにしました。

Lenovo Ideapad S540のCPUはIntel製とAMD製の2種類あります。

同類がある14インチで比較バッテリー持ち
Intel Core i514時間
AMD Ryzen510時間

AMD Ryzen5はCore i5に比べて価格、性能も上のCPUです。あんまり聞きなれないメーカーで不安になる人もいますがパソコンに詳しい人だと迷わずAMD製を選ぶくらい性能がいいんです。

すおうまん
すおうまん
ノートパソコンはバッテリー持ちが重要になります。15.6インチは約17時間持ちますよノ

▼バッテリー約17時間のノートパソコン▼

15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540がおすすめできない人…

Lenovo Ideapad S540を残念ながらおすすめできない方もいます。あくまでもコスパ重視のノートパソコンなのでスペックと価格は満足できますが機能は別になってきます。

Lenovo Ideapad S540が不向きな方

  • USB Type-Cで充電や映像出力を求めている人
  • 光学ドライブを必要としている人
  • 有線LAN接続を必要としている人
  • キーボード配列にこだわる人

このノートパソコンにはUSB Type-Cの接続端子はありますが、データ通信用になり充電や映像出力に対応していないタイプ。また、光学ドライブが搭載されていないので、必要とされる方は後付けの光学ドライブを購入する必要があります。

なのでLenovo Ideapad S540は低価格の高性能モデルだけを求めている人におすすめできます。

15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

Lenovo Ideapad S540 レビューのまとめ

始めてノートパソコンの購入を考えて、丸2日悩んで決めたのがこのLenovo Ideapad s540の15.6インチになります。

特にLenovoのメーカーを知らないという方はすこし不安要素となりますが、それでもこのLenovo Ideapad s540を選んで良かったと思えるノートパソコンでした。決めては低価格の高性能モデルです。

Lenovo Ideapad s540を選んだ理由

  • 15.6インチIPSパネル非光沢のフルHD
  • Intel Core i5 10210U(最新の10世代)
  • メモリ8GB
  • PCIe SSD 256GB
  • バッテリー持ち17時間
  • 重さ1.8Kgの2㎏以下

この性能で6万円台というのはLenovo(レノボ)以外なかったので選びました。

Lenovo Ideapad s540を決めて悩んだ点は仕様になります。

  • CPUの種類で迷ってしまう→Intel製がバッテリー持ちが良くおすすめ
  • Core i3で迷う→選ぶなら絶対にCore i5がおすすめ(バッテリー持ち良い)
  • 大きさで迷う→15.6インチが見やすい

Lenovo(レノボ)のノートパソコンIdeapad S540が一番安く売られている場所は公式サイトになります。※価格ドットコムで確認済み

▼コスパ最強のおすすめノートパソコン▼

15.6型 ノートパソコン Lenovo Ideapad S540  Core i5/ 8GB /SSD256GB

Lenovo

おすすめ ゲーミングPC 
  • G-GEAR GA7J-D181/T

    高性能のCore i7-9700kに加えてNVIDIAのGeforce RTX™ 2070のグラフィックカード。高速処理が可能な16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)を搭載しているモデル。 他のサイトよりも安く買えるのが一番のおすすめ理由です
  • GALLERIA XF RTX2070SUPER

    GALLERIA XFはゲームを快適にプレイできる性能である高性能CPUと4K画像のGPU、ゲーム動作に必要なメモリが16GB標準構成となっている人気モデルです
  • GALLERIA XT

    最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。