MetaMask(メタマスク)とは?必要性やメリット・デメリットを解説

こんな悩みを解決します

メタマスクについて詳しく知りたい

メタマスクの使用するメリットやデメリットや始め方も合わせて教えてほしい

本記事の内容は以下の通りです。

『メタマスクって何ができるの?必要性は?』と悩んでませんか?

メタマスクはイーサリアムチェーンの仮想通貨ウォレットです。NFTアートやNFTゲームなどに欠かせない必要なツールの一つです。

とはいえ…
  • MetaMaskってどんなことができるの?
  • 使用するメリットとデメリットって?
  • どうやって登録するの?

という疑問もあるかと思います。

そこで本記事ではメタマスクについて、特徴やメリット・デメリットについて解説しているのでメタマスクの必要性や登録方法まで分かるようになっています。

メタマスクを利用するにはビットバンクで暗号資産(仮想通貨)を購入して送金するとすぐに使えるようになります。

国内取引所で暗号資産が一番安く買えます!

ビットバンクをおすすめする理由

取引所で購入して暗号資産(仮想通貨)送金する際にかかる手数料は数円程度ですが、購入する取引所によっては同じ1万円でも購入できる金額が変わります送金手数料以上の損をします。※金額が大きければ大きいほど

ビットバンクの取引所は一番安く暗号資産を購入することができます

今からでも遅くないのでビットバンクで暗号資産(仮想通貨)を購入しましょう。

※現在新規登録キャンペーンにより口座開設+1万円の入金で現金1,000円がらえます

\ 簡単10分もあれば登録 できます/

目次

MetaMask(メタマスク)とは?

名称メタマスク
主要ブロックチェーンイーサリアムチェーン
対応ブロックチェーンBSC(バイナンススマートチェーン)
Polygon
Avalanche
など他多数
対応デバイススマホアプリ
PCブラウザ※chrome、Firefox、Opere、Brave
メタマスクの概要

メタマスクはイーサリアムチェーンの仮想通貨ウォレットです。NFTアートやNFTゲームなど仮想通貨ブームの中、ブロックチェーン特有の接続方法としてよくメタマスクが使われます。

使い道としては、NFTを購入する時やNFTゲームに接続する時にメタマスクのアドレスを目印として認識しているので、いわば身分証明書のついた財布の役割がこのメタマスクのウォレットという事になります。

このメタマスクは無料で簡単に作成できる上、複数アカウントも作ることも可能です。スマホアプリにも対応しているのでPCブラウザを関係なく使用できます。

また日本語にも対応しているので誰でも簡単に使えるという4つの特徴があります。

メタマスクを使用するには暗号資産が必要になりますのでビットバンクに登録してでイーサリアムを用意しておきましょう。

\ 一番安く買える!/

MetaMask(メタマスク)が必要な理由

メタマスクが必要な理由は以下の通りです。

メタマスクが必要な理由
  • NFTマーケットプレイスやNFTゲームに接続するため
  • NFTを保管するため

暗号資産(仮想通貨)を購入することができる取引所では暗号資産(仮想通貨)を保有することができますが、その他のサービスに購入した暗号資産(仮想通貨)を使うことができません。

メタマスクを使うことで購入した暗号資産(仮想通貨)でNFTを購入したりできます。

また購入したNFTを保管するのにも必要になっています。

つまりメタマスクのはNFTを購入したりNFTゲームをしたりNFTを保管するために必要になっています。

MetaMask(メタマスク)のメリット

メタマスクのメリットは以下の通りです。

メタマスクのメリット
  • あらゆるプラットフォームで使用できる
  • 安全性を高めるための使い分けができる

ではメリットを順番に解説していきますね。

①あらゆるプラットフォームで使用できる

メタマスクのウォレットはNFTゲームやNFTを購入できるNFTマーケットプレイスやパンケーキスワップなどのDeFiなどあらゆるプラットフォームに使用できるので接続に困るこはありません。

これはイーサリアムチェーンでありながらBSCやPolygonチェーンやAvalancheのウォレットととしても使えるからです。

めんどくさい作業せずにメタマスクのウォレットで管理できるというメリットになっています。

②安全性を高めるために使い分けができる

メタマスクは複数アカウントを作成することができ簡単にアカウントの切り替えもできるので使い分けができます。

インターネット上に保管する仕組みのメタマスクではどうして危険はつきものです。一つのアカウントですべて保管しているとハッキングされた時にすべて失います。

そうならなためにもメタマスクで複数アカウントを作って使い分けることで安全性を高めるリスク回避が行えます。

MetaMask(メタマスク)のデメリット

メタマスクのデメリットは以下の通りです。

メタマスクのデメリット
  • ハッキングされるリスクがある
  • 特定のネットワーク(ブロックチェーン)しか使えない

ハッキングされるリスクがある

メタマスクのウォレットはインターネット上に保管しているホットウォレットとよばれる分類になるため、接続したサイトによってはハッキングをされるリスクがあります。

ただこれはメタマスクに限らずどのウォレットでも同じことが言えるので、リスク回避するにはメタマスクのアカウントを複数アカウント作って接続用と保管用の2つ使い分けると解決できます。

どうしても心配な方はネットワーク上に保存しないハードウェアウォレットを使用するといいでしょう。

特定のネットワーク(ブロックチェーン)しか使えない

メタマスクはイーサリアムチェーン上に保存しているウォレットになるのですべてのブロックチェーンに対応しているわけではありません。

主要のイーサリアムチェーンやBSC(バイナンススマートチェーン)やPolygonチェーンやAvalancheチェーンに対応しているので不便には感じないので問題はありません。

MetaMask(メタマスク)の始め方|登録方法

メタマスクを利用するには登録する必要があります。具体的な方法は以下の通りです。

メタマスクの登録方法
  • PCブラウザで登録して始める
  • スマホアプリで登録して始める

PCブラウザで登録して始める場合

PCブラウザで始める場合
  1. メタマスクの公式サイトでchromeに追加
  2. ウォレットの作成を選択
  3. 同意するを選択
  4. パスワードを作成
  5. シークレットリカバリーフレーズのが表示されるので保存かメモを取る
  6. シークレットリカバリーフレーズの入力
STEP
メタマスクの公式サイトで『拡張機能に追加』を選択
STEP
開始を選択して『ウォレット作成』を選択する
STEP
同意を選択してパスワードを設定する
STEP
次へを選択して表示されるシークレットリカバリーフレーズをメモする
STEP
シークレットリカバリーフレーズを入力する
STEP
登録完了

スマホアプリで登録して始める

スマホアプリで始める場合
  1. アプリのダウンロード
  2. ウォレットの作成を選択
  3. パスワードを作成
  4. シークレットリカバリーフレーズのが表示されるので保存かメモを取る
  5. シークレットリカバリーフレーズの入力

スマホアプリダウンロードはこちら

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

基本的にな手順はPCブラウザと同じなのでPCブラウザで登録して始める場合を参考にしてスマホアプリに登録してください。

まとめ

メタマスクについていくつかの項目で解説してきました。

メタマスクは暗号資産でNFTを購入するために必要なツールです。他のウォレットもありますが、メタマスクは一番多くプラットフォームに対応しているおすすめのウォレットです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次