Move to Earn(M2E)とは?稼げる仕組みや始め方、おすすめアプリまで徹底解説

歩いて稼げるMove to Earnというアプリを最近よく耳にすることが多く、どうやって稼げるのか?不思議ですよね?

それと同時に始めてみようとするけど、どうやって始めていいのかわからず、中々最初の一歩が踏み出せなかったり

今回はそんなあなたに役立つようにMove to Earnについて初心者向けに徹底解説しています。

この記事でわかる事
  • Move to Earnとは
  • Move to Earnの仕組み
  • Move to Earnの始め方
  • Move to Earnのおすすめアプリ

1日で稼ぐ金額が多い順番にランキング付けしたり、必要初期投資の金額もわかるので貴方にあったアプリが探せます。※無料もあり是非参考してください

すおうまん

Move to Earnは日常生活の【歩く】をお金に換えたい人はMove to Earnを始めてください!

Move to Earn 稼げるアプリランキング
ビットコインが貰えるキャンペーン実施中
コインチェック

キャンペーン期間:2022年9/30まで
条件:新規口座開設と72時間以内に1円以上の入金

条件を満たしたか方全員に1,500円分のビットコインが貰えます

キャンペーンは早期終了する恐れもあるので今すぐ登録してください

応募方法はここから申し込みするだけです!!

目次

Move to Earn(M2E)とは?

Move to Earnとは動いて稼ぐことができるスマホアプリ専用のNFTゲームのプロジェクトの事をいいM2Eと略して表記します。

日常生活の【歩く・走るという動く動作でお金を稼げるということもあり、2022年ではもっとも注目を集めています。

基本的にはスマホアプリに搭載されているヘルスケアと連携させて歩数を計測したり、GPSによる移動距離や速度や時間に応じて仮想通貨を稼げるようになっています。

すおうまん

それでは実際にどうやって稼ぐか?という仕組みを見ていきましょう

Move to Earn(M2E)の稼げる仕組み

Move to Earn(M2E)の稼ぎ方の仕組みは以下の通りです

Move to Earn(M2E)の仕組み・稼ぎ方
  • 動作を計測することで仮想通貨を獲得できる仕組み
  • NFTを購入しないと仮想通貨を獲得できないアプリもある
  • プレイヤー同士でマーケットプレイスをつかって売買できる

動作を計測することで仮想通貨を獲得できる仕組み

動作を計測することで仮想通貨を獲得できる仕組み

Move to Earnの動いて稼ぐという仕組みはスマホアプリやウェアラブル端末などを使用して動作を計測します。

ウェアラブル端末とは

ウェアラブル端末とは歩数や脈拍数などをアプリ経由で規則できる端末のことでスマートウォッチもウェアラブル端末のひとつです。

基本的には歩く・走るのこの2つの動作でこの動作を違いをGPSなどを使って速度や移動距離を時間で計測して判断しています。

1日の歩く・走るという計測した動作によって仮想通貨を獲得できる数量も変化し、ほとんどのアプリでは1日に獲得できる仮想通貨の上限があるのでずっと歩いて稼ぐことができません。

NFTを購入しないと仮想通貨を獲得できないアプリもある

NFTを購入しないと仮想通貨を獲得できないアプリもある

稼げるMove to Earnでは始める際にNFTとよばれる仮想通貨を稼ぐことができるアイテムを所持しなければなりません。

このNFTの価格も人気や稼げる土合によって違い、数千円から数十万や最高で100万以上のお金を支払って稼ぐMove to Earnもあります。

投資金額が多いほど稼げる金額も多くなるので参入するタイミングがとても重要です。

プレイヤー同士でマーケットプレイスをつかって売買できる

プレイヤー同士でマーケットプレイスをつかって売買できる

Move to Earnは動いて稼ぐ以外にもプライヤー同士でNFTの売買を行うことで仮想通貨を稼げるようになっています。

Move to Earnの仕組みではNFTの所持している数によって仮想通貨を稼げる数量が倍増するようになっています。

そのため多くNFTを購入する人がいて不要になったものやレア度の高いNFTなどをマーケットプレイスとよばれる市場でプレイヤー同士で売買することが可能。※資本金が多い人はこの仕組みを利用して1日に数万円稼いでいる人もいます。

すおうまん

仕組みが分かったところで次は始め方についての流れを見ていきましょう!

Move to Earn(M2E)の始め方・やり方

Move to Earn(M2E)の具体的な始め方・やり方については以下の通りです。

Move to Earn(M2E)の始め方・やり方
  1. アプリをダウンロードする
  2. NFTを購入するための仮想通貨を用意する
  3. ゲームと連携するウォレットを用意する
  4. ゲーム内でNFTを購入して始める

ほとんどのMove to Earnのやり方はこの4つの一連の流れが基本になっています。

手順①始めたいMove to Earnのアプリをダウンロードする

まず最初に行うのがMove to Earnのアプリをダウンロードすることです。基本的にiosやandroid端末の両方に対応しているので公式サイトのページで確認してダウンロードしてください。

公式サイトにはホワイトペーパーとよばれるプロジェクトの概要を説明したものがありますので、必ずいちど確認してからダウンロードをするようにしてください。

もしどのMove to Earnがいいのか?迷ってしまう場合はMove to Earn おすすめ最新アプリを参考にしてください。

手順②NFTを購入するための仮想通貨を用意する

Move to Earnのアプリをダウンロードしたあとは稼ぐためには必要なNFTを購入していく流れになります。

利用しているブロックチェーンによって用意する仮想通貨も変わってくるので、事前に確認が必要になります。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは暗号資産のビットコインをもとに作られた分散型のシステムのことでメインとされている仮想通貨の名称になっているのが特徴。

大きく分けると5つの種類になっています。※ほかにも多数あり

  • イーサリアムチェーン(ETH)
  • バイナンススマートチェーン(BNB)
  • ソラナチェーン(SOL)
  • アバランチチェーン(AVAX)
  • ポリゴンチェーン(MATIC)

基本的に国内取引所とよばれるところで日本円で仮想通貨を購入して、海外取引所でゲームで使える仮想通貨に換えるのが一般的に多い流れです。

なので国内取引所と海外取引所で事前に口座をしておくとスムーズにMove to Earnを始めることができます。無料の場合でもゲーム内で稼いだ仮想通貨を日本円に換金する際にこの2つの取引所が必要になるので登録しておいても損はありません!

国内取引所

国内取引所では口座開設までの時間が早く初心者にも扱いやすいと評判のよい仮想通貨取引所おすすめランキング1位Coincheck(コインチェック)がおすすめです。

Coincheck(コインチェック)の始め方【口座開設から入金・購入までの流れを解説】

\ 今ならビットコインがもらえるキャンペーン実施中/

Coincheck(コインチェック)の口コミ評判をまとめている記事もありますので一緒に読んでくださいね。コインチェックの良さがわかりますので!

海外取引所

海外取引所では取り扱っている仮想通貨の種類が違うのでバイナンススマートチェーンの仮想通貨が購入できるBINANCE(バイナンス)とそれ以外チェーンに対応しているBybit(バイビット)の2つの登録を行ってください。

BINANCE(バイナンス)の取引所は日本の人が多く利用している有名な海外取引所です。NFTゲームで交換することができるBNB(バイナンスコイン)を取引できます。

今すぐ申し込む

Bybit(バイビット)はNFTゲームの仮想通貨がいち早く買えるローチンパッドをおこなっている海外取引所です。NFTゲームで交換することができる種類が多く使いやすいのが特徴です。

今すぐ申し込む

手順③ゲームと連携するウォレットを用意する

Move to EarnのNFTを購入するために必要な仮想通貨を用意できたら、次はその仮想通貨を管理するためのウォレットが必要になります。

このウォレットとMove to Earnを接続することでゲームで稼いだ仮想通貨や取引所で購入した仮想通貨を入出金することができます。

これも各Move to Earnで利用しているブロックチェーンによってつかえるウォレットが変わってくるのですが、MetaMaskのウォレットを登録しておくと8割がたこのウォレットが使えるので事前に登録を行ってください

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

手順④ゲーム内でNFTを購入して始める

ウォレットを登録してMove to Earnアプリと接続することができたら、ゲーム内でNFTを購入して始めるだけで仮想通貨を稼げるようになります。

NFTの購入の仕方はゲームによって変わってくるので公式サイト及び〇〇〇の始め方と検索して方法を確かめてください。

すおうまん

無料でも有料でもMove to Earnをするには取引所の口座は必要です。無料で口座開設できるので事前に登録を行ってください

無料で新規登録ができる仮想通貨取引所おすすめランキング1位Coincheck(コインチェック)がおすすめです!

\ 新規登録でビットコインがもらえます /

Move to Earn おすすめアプリ

Move to Earn おすすめ最新のアプリを稼ぐことができる順番にランキング形式で紹介していきます。

Move to Earn おすすめアプリ一覧

※はβテストも始まっていないプロジェクトです

STEPN(ステップ)

STEPN(ステップ)はNFTスニーカーを使用して始めることができるMove to Earnアプリです。現在のMove to Earnのビジネスモデルを作りだしたパイオニア的存在

ソラナチェーン、バイナンススマートチェーン。イーサリアムチェーンの3つマルチチェーンに対応していてS国、B国、E国と呼ばれてゲーム内での稼げる金額も変わっています。

このSTEPN(ステップ)で稼ぐには大量の資金が必要になっています。S国たB国では仮想通貨が暴落して数千円から始めることができますが稼げる仮想通貨は1日数百程度。

最新のE国ではNFTの価格が1.5EHT(約30万)くらい必要になり、何足も所持しないといけないので100万くらいの原資となっています。※その分稼げる金額も大きい(1日数万円)

一番稼げるMove to Earnアプリですが新規参入はおすすめできません。

STEPN
STEPN

STEPN

FindSatoshi Lab Limited無料posted withアプリーチ

STEPNの始め方

STEPNを始めるには国内取引所でETH(イーサリアム)購入するか、BINANCE(バイナンス)でSOL(ソラナ)もしくはBNBを購入してNFTを購入することで始めれます。

ただし誰でも参加できないように招待制になっているので新規参入したい人はTwitterでSTEPN アクティベーションコードと検索してください。

RunBlox(ランブロックス)

RunBlox(ランブロックス)はZOZOTOWN創業者でもある前澤さんが出資をして一目置かれているMove to Earnアプリです。

他のMove to Earnアプリ同様にNFTシューズを購入することではじめて稼げるようになっています。将来的にはアップルウォッチやギャラクシーウォッチといったウェアラブル端末にも対応していく予定になっています。

NFTシューズの購入には15AVAX程度必要になってくるので初期投資としては4万~5万円は必要になってきます。

RunBlox
Runblox

Runblox

Tigertech AB無料posted withアプリーチ

RunBloxの始め方

RunBlox(ランブロックス)を始めるにはAVAXの仮想通貨でNFTシューズを購入する必要があります。

  • 国内取引所で仮想通貨を購入
  • 仮想通貨を海外取引所に送金してAVAXを購入する
  • RunBloxのゲームウォレットに送金する

上記のような流れになっています。

APEMove(エイプムーヴ)

APEMove(エイプムーヴ)は無料始めることができSTEPNやRunBloxに引けを取らないくらい稼げるような仕組みになっているMove to Earnアプリです。

通常のMove to EarnではNFTを購入するのに初期投資が必要になりますが、このAPEMoveはフリーミントよばれる誰でも無料でNFTを手に入れることができます

ただし仮想通貨を稼ぐにはNFTスニーカーのレベルが10以上が必要になり、レベルアップの際に必要なAPEとBAPEで初期投資が数万円かかる仕組みになってきます。

ローンチ時で購入している人は3万円程度の初期費用で1日3,000円ほど稼いでいます

現在もっとも注目しているMove to Earnアプリになっているので迷っている方におすすめです!

APEMove
ApeMove

ApeMove

Caroll Nguyen無料posted withアプリーチ

APEMoveの始め方

APEMove(エイプムーブ)を始めるときにはフリーミント(無料ガチャ)もしくはマーケットプレイスでNFTスニーカーを購入する必要があります。

  • 国内取引所で仮想通貨を購入
  • 海外取引所に送金してBNBを購入
  • MetaMaskを接続してNFTスニーカーを獲得

というような流れになっています。詳しいAPEMoveの始め方についてはこちらの記事を参考にしてください。

Walken(ウォーケン)

Walken(ウォーケン)はCAThleteキャスリートと呼ばれるキャラクターを育成しながら仮想通貨が貰えるMove to Earnアプリです。

最大の特徴はアプリのダウンロード完了後に無料でNFTを貰えるということ。このNFTのキャスリートを使って歩いてジェムを稼ぎバトルをさせて仮想通貨を稼ぐというPlay to Earn要素もあります。

初期投資は無料でできるのですが稼げる仮想通貨は少なくMove to Earnってどんなゲームなの?って思っている人におすすめです

レベル5以上までの育てるとマーケットプレイスでNFTを1.0~2.0SOLくらい(5000円~10,000円)で売ることもできます。

Walken
  • ゲームタイトル:Walken
  • リリース日:2022/6/8
  • 対応OS:android/ios
  • 仮想通貨WLKN
  • ウォレット:アプリ内にあるので不要
  • ジャンル:育成(W2E+P2E)
  • 初期費用:無料
  • 原資回収期間
  • 1日に稼げるトークン:1.2~60
  • 公式サイトhttps://walken.io/
  • Twitterhttps://mobile.twitter.com/walken_io
Walken.io

Walken.io

Milky Way無料posted withアプリーチ

Walkenの始め方

Walken(ウォーケン)を始めるのはアプリのダウンロードのみでいけますが獲得した仮想通貨を換金するには取引所の口座が必要になります

  • アプリのダウンロード
  • 海外取引所に稼いだ仮想通貨を送金
  • 仮想通貨を国内取引所に送金して日本円に換金

Walken(ウォーケン)について詳しく知りたいかたはWalkenの始め方を参考にしてください。

Sweatcoin(スウェットコイン)

Sweatcoin(スウェットコイン)は無料で始めることができるMove to Earnアプリです。現在アプリ内で稼げるゲームトークンが9月12日に海外取引所で上場することが決まったので価値が付きます。

1日1万歩という制限があり約9.5程度しか稼ぐことができないのですが、上場した際の価格によっては1日数千円程度まで化ける可能性もあるプロジェクトです

初期投資に関しては無料なので一切必要なく始めれて、バックグラウンドで歩数をカウントしてくれるのでアプリを起動することなく稼ぐことができます。うっかりして忘れてもカウントしてくれるのはSweatcoinのみとなっています。

Sweatcoin
Sweatcoin 万歩 計ウォーキングとランニングアプリ

Sweatcoin 万歩 計ウォーキングとランニングアプリ

Sweatco Ltd無料posted withアプリーチ

Sweatcoinの始め方

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるにはアプリをダウンロードするだけです。ただし稼いだ仮想通貨を換金するには取引所の口座が必要になります。

  • アプリをダウンロード
  • ウォレット作成
  • 稼いだ仮想通貨を海外取引所に送金
  • 国内取引所に送金して日本円に換金

Sweatcoinの詳しい始め方についてこちらの【歩いて稼ぐ】Sweatcoin(スウェットコイン)の始め方と稼ぎ方で解説しています。

Move to Earnに関するよくある質問Q&A

どれくらい稼げますか?

Move to Earnで稼げる金額はSTEPNのバブル時期で1日数十万~100万以上稼げた人もいます。今は仮想通貨が下落トレンドなので稼げる金額も少なくなっていますが、無料以外では1日数千円=数万円は稼ぐことができるNFTゲームです。

ウェアラブル端末に対応していますか?

基本的にスマホに搭載されているヘルスケアを連動して計測をおこなっているので、ウェアラブル端末を使用しても稼ぐことができます。ただし対応しているかどうかはアプリによって違うので公式サイトを確認してください。

Move to Earnをするメリットってありますか?

Move to Earnを始めるメリットは歩くことをお金に換えれることです。毎日の通勤や通学の運動がMove to Earnをすることでお金を稼げるのと、運動をしないといけないので健康的な身体作りもできメリットだらけです。

Move to Earnをするデメリットなどありますか?

Move to Earnをすると毎日歩いたり、走ったりするので天候によっては雨に濡れたりします。またMove to Earnのジャンルの仮想通貨の価格変動が激しくて初期投資をした次の日に暴落して原資回収ができないケースなどもあるのがデメリット。参入する時は自己責任でお願いします。

Move to Earn(M2E)のまとめ

Move to Earn(M2E)についていくつかの項目で解説してきました。

Move to Earn(M2E)は歩くや走るといった運動することをお金に換えれるNFTゲーム。日常生活の【歩く】ことで仮想通貨を獲得でき日本円に換金することも可能です。

特に2022年はMove to Earn(M2E)の年とも言われているのが乗り遅れないように今日から始めてはどうでしょうか。

まずは口座開設から始めましょう!

無料で新規登録ができる仮想通貨取引所おすすめランキング1位Coincheck(コインチェック)がおすすめです!

\ 新規登録でビットコインがもらえます /

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次