NFT

NFTとは?簡単に言うと署名がついているデジタル所有物

NFTってよく聞くけど何?仮想通貨なのかな…初心者でも分かるように簡単に説明してい欲しいです

NFTって調べると非代替性トークンという説明を多くみますが、初めて見た人は???となり調べるのを諦めがちになりますよね。

私も現在NFTについて勉強しているので皆さんと同じ初心者になります。そんな私がNFTについて調べた事を誰でも分かるようにまとめました。

ざっくり簡単に説明すると
  • NFTはデジタル所有物に自分のだというハンコをおした証明書
  • NFTで新しい経済圏が生まれて価値あるものが増える!ゲームでお金が稼げて、3D仮想空間での売買ができる
  • NFTを取引するには口座が必要

いますぐNFTを始めるには一番おすすめのコインチェックで口座を解説しましょう!

取引銘柄数18柄
手数料無料
最低取引金額500円から可能
開設までの流れスマホでアカウント登録
本人確認
取引できるまでの期間最短で1日

Coincheckは関東財務局登録済みの暗号資産交換業者でダウンロード数No.1

Coincheck口座開設はこちら

 

NFTはデジタル所有物に持ち主である署名(証拠)が付いている

NFTはデジタル所有物に持ち主である署名(証拠)が付いている

NFTはNon-Funguble Tokenの略で非代替性トークンという表現をするから難しく感じてしまいます。要は説明よりもNFTをイメージすることでNFTがいったいどういったものかが分かります。

NFTとデジタル所有物の関係性

NFTをイメージするにはデジタル所有物について理解する必要があります。このデジタル所有物というのは実際に触ることのできないPCやスマホなどのデータのこと。

NFTの火付け役になったのがTwitter創業者である(ジャック・ドーシー)の初めてのツイートが3億1700万円の価値が付きました。この最初のツイートがデジタル所有物になります。

  • アート
  • チケット
  • 音楽
  • ゲームアイテム

その他にもこれらのものもデジタル所有物に該当します。

今までだとネットで手に入れてこういった物に対して誰のものなのかということが分からなかったのですが

仮想通貨を語る上で欠かせないブロックチェーンによって誰のものかというのが分かるようになったものをNFTといいます。

デジタル所有物に誰のものかという証拠(署名)があるものがNFT

つまり、あらゆるデジタル所有物にあたなのです!というハンコが押されているという事。これが唯一無二になるので非代替性トークンと呼ばれています。

暗号資産である仮想通貨とNFTとの違いも署名が有無

仮想通貨とNFTは関連用語になるのですが、具体的な違いというのは所有物であるハンコである署名の有無です。

仮想通貨は保有することができますが、通貨に私のものです!というハンコは押されていません。非代替性トークンと相対する代替性トークンだからです。

10円玉で例えると、私の10円だからあなたの10円よりも価値があるから交換できません…ということはないですよね?

もちろん一部のレアな10円になると価値は違いますが、誰のものという証拠はありません。つまり代替ができるという事になります。それがお金であり通貨というものでこういった物の事を代替性トークンといいます。

なので暗号資産である仮想通貨とNFTは誰のものか?という証拠の有無になっています。

この誰のものか?という証拠があるからNFTには価値が生まれるてくるのですね

NFTによって新しい価値が生まれる

ゲームのアイテム集めで稼げるPlay to Earnt

まず最初にNFTによって新しい価値が生まれるのはゲームです。今現在でもNFTゲームは存在しており、ゲーム内でのアイテムやアバターといった物がNFTマーケットにて取引されています。

NFTゲーム

その他にもAmazonのプライムゲーミングでも無料で遊べるNFTゲームもあります

【AmazonでNFTが配布】無料でもらう方法はたった2つの簡単な事です。
【AmazonでNFTが配布】無料でもらう方法はたった2つの簡単な事です。Amazonで無料で配布されているNFTをもうら方法について解説しています。アカウント作成してプライム会員登録するだけでイーサリアムのNFTがもらえるのでチェックしてください。...

今までゲーム内での売買ができなかった物がNFTによって個人間で簡単に売買ができるようになっています。

簡単に言うとデジタル版のトレーディングカードみたいな感じですね。レアなアイテムをゲットしてそれをNFTマーケットで販売するという仕組みなっています。

ゲームで稼ぐというと『ゲーム配信』や『プロゲーマー』というのを思いつくかと思いますが、NFTが普及することでやりこみができる人ほど稼げるというように変化してきます。

それがプレイヤーして稼ぐPlay to Earnという事になります。

3D仮想空間のメタバースで実際と同じ経済圏が生まれる

NFTゲームの関連の話になりますが、NFTによって3D仮想空間の意味であるメタバースで実際のリアルと変わらない経済圏が生まれています。

メタバースで一番有名なのがthe sandboxです。一般的オンラインゲームとの違いは誰がログインしても同じ場所が存在している

すおうまん
すおうまん
分かりやすく言うと自分がログインしてなくてもSandboxの世界軸は止まらず進んでいるという事

メタバース内での土地が何千万で取引されていたり、建物が売買されたりしている感じです。信じられない事かもしれないですが、これが現実でおこっていることなんです。

初めからしていた人は先行者利益といって莫大な富を手にしています。それだけお金が動くというなので新しい経済圏が生まれており、取り合いになっている状態がNFTとメタバースになります。

価値のあるものが増える

そして最後に説明するのが今まで価値がなかったものに価値がつく。具体的には個人で書いたNFTアートや音楽など様々なものに付加価値がついてきます。

現在ではNFTアートは販売当初は200ドルだったものが一か月には100倍や1000倍になるくらい価値が付いたりします。ただし全てのNFTアートというわけでなく

有名人が購入したNFTアートだと価値がでますよね?

100体限定のNFTアートだと価値がでますよね?

こういった個数や期間限定などで販売されているNFTの価値が増えていきます。

NFTを取引するために必要な事

NFTを取引するには仮想通貨の口座を開設してイーサリアムに現金を買える必要があります。

手順としては、『コインチェック』『ビットバンク』『bitFler』『GMOコイン』などで口座を開設する必要があります。

どれがいいのか?悩んでしまう場合は一番有名はコインチェックを選んでおけば間違いなです。理由は口コミ・評判も良く手数料も無料だからです。初めて開設される方に人気の取引所

取引銘柄数18柄
手数料無料
最低取引金額500円から可能
開設までの流れスマホでアカウント登録
本人確認
取引できるまでの期間最短で1日

Coincheckは関東財務局登録済みの暗号資産交換業者でダウンロード数No.1

Coincheck口座開設はこちら

 

NFTバブルの波のしっかり乗ることが大切です

NFTをざっくりまとめると

  • NFTは唯一無二のデジタル所有物
  • NFTはだれでもできる
  • NFTで新しい経済圏が生まれて価値あるものが増える
  • NFTを取引するひな口座が必要

NFTや仮想通貨についてしっかり知識をつけることが大切です。どうして分かりにくいと感じた場合はこちらの本を読んでみてください。