NFTゲーム用パソコンに必要なスペックとは?選び方やおすすめについて徹底解説

遊ぶだけで稼げるPlay to Earnで人気のNFTゲーム。いざ始めようとパソコンを調べるけど選び方が分かりにくいですよね。ゲーミングPCがいるのか普通のPCで大丈夫なのか

今回はそんなNFTゲーム用のパソコンとして、必見スペックやおすすめといった選び方を解説しています。

こんな方は必見!
  • NFTゲーム用のスペックが知りたい
  • ノートパソコンとデスクトップで迷っている
  • おすすめを知りたい
ビットコインが貰えるキャンペーン実施中
コインチェック

キャンペーン期間:2022年9/30まで
条件:新規口座開設と72時間以内に1円以上の入金

条件を満たしたか方全員に1,500円分のビットコインが貰えます

キャンペーンは早期終了する恐れもあるので今すぐ登録してください

応募方法はここから申し込みするだけです!!

目次

NFTゲーム用で選ぶなら、ノートパソコンとデスクトップPCどっちがいい?

安く抑えたいならノートパソコンがおすすめ

ノートパソコンはメリットはなんと言っても持ち運びできるところにあります。

NFTゲームをするときに自分の部屋ではなくリビングや好きな場所で楽しみたいという方におすすめです。

ただし、NFTゲームの放置型などをプレイしたり、いろんなNFTゲームを稼働させるにはやや不便なところもありますが、価格も安くコスパに優れています。

充電するというデメリットが気にならないのであればノートパソコンを選んでください。

がっつりするならデスクトップPCがおすすめ

デスクトップPCのメリットはディスプレイを安易に増設できるところにあります。

NFTゲームの種類は多く、一つだけずっとするというイメージよりも新しいNFTゲームをこなしていくやり方になっています。

そうなるとモニターが1つだけだとNFTゲームの管理ができなくなるのですがデスクトップPCをつかうことでデュアルモニターやトリプルモニターなど効率よくNFTゲームができるようになります。

机と椅子の環境があるような方はデスクトップPCをおすすめします。

NFTゲーム用パソコンに必要なスペック

NFTゲーム用のパソコンが快適に動作するにはCPUとメモリーのスペックが必要になります。

必要なスペック
  • CPUはCore i5クラス
  • メモリーは8GB以上

CPUはCorei5以上の4コア8スレッドスペックが必要

CPUはパソコンの脳にあたる部分。CPUの性能が低いとNFTゲームでの動作が遅く快適にプレイするこてができません

CPUのコアやスレッドとは?

CPUのコアは同時に処理できる数のことでスレッドはコアの処理能力を表している数値です。

CPUのコア数が多いとたくさんのことを同時に処理することができるようになります。

CPUのスレッドが多いほど1つのコアの処理できる能力が上がるので複数のタスクを開いてもサクサク動作します。

ノートパソコンなどのディスプレイが一つの場合はCore i5くらいでも2つ同時に動作することも可能ですが、デスクトップなどでデュアルモニターなどをつかって複数のアカウントを作成していくつものNFTゲームを稼働させる場合はCore i7が必要になります。

CPUは最低でもCore i5 4コア・8スレッドが必要 

メモリーは8GB以上必要

現座市販されているパソコンのほとんどが8GBというメモリーになっていますがNFTゲームをするにはギリギリのスペックです。

メモリとは?

メモリはCPUが処理するために必要な場所の大きさです。

8GBのメモリーだとNFTゲームを起動するだけでメモリの容量をつかってしまうので動作が重くはないですが他のことができなくなります。

16GBのメモリーだとNFTゲームを起動させて容量に余裕があるので他の作業を行っても動作は軽い。

快適にNFTゲームをプレイしたいのであれば16GBのメモリーがおすすめです。

NFTゲーム用におすすめのパソコン

NFTゲーム用におすすめのパソコンは以下の通りです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d22fc13578bcf8c3d840ee8f734d509b-489x489.jpg
コスパ最強
IdeaPad Flex 550i
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: c3c3c9f8f64a766e9523a32aec1eb3b8-489x489.jpg
高性能で安いモデル
G-GEAR GA5J-B221/B2
メーカーLenovoTSUKUMO
CPU Core™ i5-1135G7
4コア8スレッド
 Core™ i5-12400
6コア12スレッド
メモリ8GB16GB
グラボCPU内蔵グラボGeForce RTX™ 3050
解像度1920×1080(フルHD)1920×1080(フルHD)以上
カスタマイズ可能可能
詳細公式サイト公式サイト

安くておすすめ|IdeaPad Flex 550i 14型 

IdeaPad Flex 550i はLenovoのメーカーのノートパソコンです。値段が安く性能がよいコスパに優れているモデルです。

CPUは11世代のインテルCore i5を搭載していて、4コアの8スレッドになっているので処理能力にも優れています。

メモリは8GBをNFTゲームをする最低限のスペックになっていますが、LENOVO直販で注文する際にメモリを16GBやCore i7に変更といったカスタマイズも可能になっているので自分好みのノートパソコンができあがります。

画面も1920×1080解像度のフルHDに対応しており、一番綺麗に見えるIPS液晶パネルを採用しているので美しい映像がたのしめます。

LENOVOのノートパソコンの最大の特徴は使い勝手の良さにあります。

モニターを反対側に起こすことでディスプレイだけ見えるようになります。

タッチパネル対応になっているので折りたたんで使えば、タブレット端末としても扱うことも可能

この1台でノートパソコンとタブレットの両方が使えるようになっているのでNFTゲームをベットなどで寝ころびながらも楽しめます。

\ キャンペーン実施中/

高性能のゲーミングモデルのおすすめ|G-GEAR GA5J-B221/B2

G-GEAR GA5J-B221/B2はパソコンのBTOショップで人気のゲーミングシリーズのデスクトップパソコンになります。

BTOとは?

パソコンを一台一台お客様の要望通りに組み立てて作るオーダーメイドシステム

CPUの種類やメモリの容量、GPUなモニターなどを自分の好きなように選べることによって少しでも予算を抑えることができます。

また初めて選ぶ方でも安心出来るように、セット販売から変更という形なので分かりやすくなっています。

ゲーミングモデルの中でも一番安いランクでNFTゲーム用をプレイするのに十分な性能をもっています。

CPUは最新の12世代Core™ i5-12400を搭載しており6コア・12スレッドになっているので処理能力は抜群です。

メモリも8GB×2枚ついている16GBになっているので、複数のNFTゲームを起動させても動作が重くなる心配のないパソコンです。

モニターは別売りになっているのですが別途費用が必要になりますが、ゲーミングモデルということもあって快適にNFTゲームができること間違いなしです。

\ 高性能なのでサクサクです /

NFTゲーム用のパソコンの選び方まとめ

NFTゲーム用のパソコンについていくつかの項目で解説してきました。

NFTゲーム用のパソコンの選び方は以下の通りです

NFTゲーム用のパソコンの選び方
  • Core i5(4コア8スレッド)以上の8GBのメモリー以上のスペックを選ぶ
  • 価格を抑えて選ぶならノートパソコンがおすすめ
  • 高性能で選ぶならデスクトップがおすすめ

ノートパソコンを買うならLenovo公式サイトが安く買えるのでおすすめです。

デスクトップはBTOショップで一番安いTSUKUMOがおすすめです。

※Amazonなどで安く売っているパソコンだとまともにNFTゲームがプレイできないので注意してくだいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次