PS4ヘッドセット

新型ASTRO A40とMIXAMP PROのレビュと評価 駄目な点も紹介

新型ASTRO A40とMIXAMP PROのレビュと評価 駄目な点も紹介

どうも(@suouman)です。先日新型のアストロA40ヘッドセットが海外で発売されましたという記事を書きました。国内での販売を調べていても未定だったので我慢できずに購入しましたww

 

今までヘッドセット単体でFPSをプレイしており、アンプを使う事でどれくらいかわるのか?また装着感や感想などふまえて紹介していきますね。

現在では国内販売もしているので、これから購入を検討している人は是非参考にしてください。

新型ASTRO A40+Mixamp Pro

ロジクールの傘下であるアストロゲーミングが4月に発売したのが新型ASTROA40+Mixamp proになります。前作との変更点は以下の通りです

  • ASTRO AUDIO V2を搭載
  • アンプ内部の部品をデジタルパーツに変える事によって、MixAmp Pro TRはすべてのデジタルコンポーネントを使ってラグなし、干渉なしの操作ができるように再設計されています。

前作のヘッドセットとアンプは所持していないので比較とまではいきませんが、Mixamp proがモデルチェンジしており外観も使い勝手良くなっているのは確かなことです。

ヘッドセットとアンプがセットになっている

箱から取り出すと、ロボットが描かれたヘッドセットのケースがあります。新型ASTRO A40+Mixamp Pro

ケースを開けるとこのように新型ASTRO A40とMixamp Proが一緒に入っています。

新型ASTRO A40+Mixamp Pro

付属品は

  • ASTRO A40ヘッドセット
  • Mixamp PRO
  • 光デジタルケーブル(3.0M)
  • マイクロUSB(3.0M)
  • ヘッドセットとアンプを接続するイヤホンジャック/ミュート機能付き
  • デイジーチェーンケーブル(0.5M)

基本的には届いたらすぐ使えるようになっていますので、別途ケーブル等を買う必要はありませんね。

PS4初期型とPS4PROに対応している!?

付属の説明書を見てみると接続の仕方が記載されています。

新型アストロA40付属の説明書 

この説明書を見る限りではPS4 Slimでの接続の仕方が載っていませんね。PS4 Slimには光デジタル端子がないので別途変換器が必要になります。※接続できるかは現在調査中

なおPS4本体の調べ方は【最強のヘッドセット】Astro A40 TRヘッドセット+MixAMP ProTR 《PS4》の記事内の購入前に確認しておきたいAstroA40ゲーミングヘッドセットとMIXAMP ProTRの接続方法で説明しています。

新型ASTRO A40 ヘッドセットについて

前作と見た目はほとんど変わっていませんが、新型はPS4とXBOXと2つのバージョンがあります。もちろん今回購入したのはPS4版のヘッドセットで色は青色を基調としています。

新型ASTRO A40 ヘッドセット

イヤーカップの部分は柔らかくて滑らかな布になっています。前作と同じMODKITが使えるので自分好みにカスタマイズも可能になっています。耳当て部分部分と外側のカバーはマグネット式で簡単に脱着できます。

マグネット式で脱着が可能

気になる着け心地や装着感

正直に言うと着け心地は良いとは思わないですね…今まで使っていたヘッドセットが馴染んでいる事も理由になりますがヘッドセット単体の重量が重いと感じてしまいます。

今まで愛用していたヘッドセットです↓

【PS4ヘッドセット】ゲーマーによるAmazonのおすすめ2選

愛用したキングストーンのHyperX Cloud II は319g

ASTRO A40は369g

数字以上に重く感じるのは取り外しできるイヤーカップやカバーが含まれていないのかな?と個人的に思います。※手に持っても違いが分かるくらいです。

フィット感では意見が分かれており、わたし自身は使いなれたほうが良く感じてしまい他の人に付けてもらいましたが新型アストロA40ヘッドセットの方がフィット感が良いとの返答もありました。

すおうまん
すおうまん
新型アストロA40ヘッドセットが全員一致で重く感じるとなりました

マイクは上下に可動する単一指向性

マイクも取替え可能になっており、使わない時は上向きにあげて邪魔にならないようになっています。前作とマイクの先端の色が違っているので何らかしら改善されていると思われます。

自由に曲げて調整できるのが良い

マイクは上下に可動する単一指向性

マイク本体は接続している場所を基準に360°動かせます。また上の写真のようにマイクを自由に曲げて使いやすい位置を調整する事ができます。

声の聞こえ具合

フレンドさんに聞いてみたところ、使うヘッドセットが変わると聞こえ具合が変化し新型ASTRO A40を使用したら地声っぽくなったと言われました。特にその他、聞き取りにくくなったとか雑音が入るとかも無く

すおうまん
すおうまん
マイク評価はですね。

ヘッドセット本体と接続するケーブルはしっかり押し込む必要がある

ヘッドセットとアンプを接続するイヤホンジャックですが、2段階押し込むようになっています。恥ずかしい話ですが、新型ASTRO A40を使用してて接続が不安定や…と感じてました。

すおうまん
すおうまん
その原因が最後まで押し込めてなかった事に気付きましたww
接続が出来ていない駄目な例

ここまではすんなり入ります。しかしこれがおおきな間違いで実はもう一段『カチッ』と音がするまで押し込む必要がありました。力で押し込むような感じで大丈夫です。

奥まで入ったのがこちらになります↓

ヘッドセット本体と接続するケーブルはしっかり押し込む必要がある

最後まで入っているのが確認できたらOKですね。

ヘッドセットとイヤホンジャックが分かれているタイプを使うのは初めてだったので分かりずらかったです…

すおうまん
すおうまん
皆さんは失敗しないようにしてくださいね 

手元でミュートのON/OFFができる

ヘッドセット本体から30cmほど下がったところにミュートのスイッチがあります。上下スライド式で簡単に操作が可能になっています。

手元でミュートのON/OFFができる

MIXAMP PROと連動しているので、アンプ側を見れば色で判断する事もできます。

新型MIXAMP PROについて

 

前作の旧型と新型の大きな違いはヘッドセット同様でPS4とXBOXのそれぞれ専用バージョンとなっています。各CS機にあったMIXAMPを選ぶ必要があります。

見た目の色ま黒いろですがツヤはなくマット調という感じで汚れが気にならないようにできています。

接続状態が一目でわかる

新型MIXAMP PROについて

PCとPS4とランプがあり接続されている方が光るようになっており、前作より分かりやすくなっています。

ボリュームを調整する場所でもマイクのミュートのオンオフで色が変化して分かりやすいです。

〇のつまみの←が光ます。

通常は白色。マイクをミュートにすると赤色にかわります

 

マイクのミュートのオンオフで色が変化 マイクのミュートのオンオフで色が変化

PCのイコライザー機能で調整した各モードも縦の4つのランプで見分ける事ができるので、このへんも前作より分かりやすくなっていますね。

MIXAMPの接続は簡単

MIXAMP本体には3本のケーブルを差すだけです。

  • 光デジタルケーブル
  • マイクロUSB
  • ヘッドセット接続するイヤホンジャック
PS4本体と光デジタルケーブル接続 PS4本体と光デジタルケーブル接続

光デジタルケーブルは取り扱いに気を付けてください。まるまとまっていますが、途中で折り曲げたりするだけでケーブルが破損します。

すおうまん
すおうまん
迷わず簡単に接続できました!!設置は楽ちんですね

MIXAMP PROを使えばボリュームを簡単に調整できる

MIXAMP PROを使えばボリュームを簡単に調整できる

MIXAMP PROの大きなつまみはゲームの音量を調整できます。基本は50になっており、FPSなどでしっかり足音を聞くにはこのボリュームを上げるとゲーム内の音も上がるので聞こえやすくなります。※効果音がうるさく感じるくらいなので気を付けてください。

本来であれば一旦PCと接続してイコライザー機能で調整するのが一番です。

右側の小さいつまみはチャットボイスとゲーム音とのバランスです。ここも基本は真ん中になっておりチャットボイス側に回すとゲーム音が聞こえなくなり逆にゲーム音側に回すとチャットボイスが聞こえなくなります。

すおうまん
すおうまん
ボリューム調整するツマミの動きは凄く滑らかで調整しやすいですね

初めてMIXAMP PROを使用した感想

今現在PS4で夢中になっているゲームはAPEX LEGANDSになります。新型が届いてさっそく使ってみた感想がこちらのツイートになります。

MIXAMP PROを使って感じた事は間違いなく音がハッキリ聞こえるようになりましたね。

  • 敵が近づいてくる距離間
  • 逃げている方向
  • 後ろから迫ってくる物音

方向性がよりはっきりしているのでそれなりの対策がしやすくなりました。まだ初期設定のままなのでイコライザー機能で調整すればもっと良くなります。

新型 ASTRO MIXAMP PROのイコライザー設定を解説
新型 ASTRO MIXAMP PROのイコライザー設定を解説 どうも(@suouman)です 先日新型のASTRO A40+MIXAMP PROのレビュ-と評価について記事を書きました。まだ見...

 

新型MIXAMP PROのデメリットは一つ

新型も前作の旧型にも言えることですが、デメリットは一つあります。

USBで接続しないといけない

これだけですね。PS4本体のUSB差し込み口は少ないので、一つどうしても使用しなければならないという事です。外付けHDDを使用しているのでもう一つ使うとコントローラーを充電できなくなりましたww

USBの差し込み口の解決方法

USBの差し込み口を増やすためにUSBハブを使いました。新型ASTRO A40+Mixamp Proを購入される際は忘れずに用意しておきましょう。

created by Rinker
アンサー
¥1,248
(2019/08/21 17:29:26時点 Amazon調べ-詳細)

新型ASTRO A40+Mixamp Proの購入方法

海外で発売されてからずっと調べていますが、5/26日現在では国内販売の開始日は分かりませんでした。

今回購入した方法ですがAmazonで販売されている並行輸入品という形で買いました。

※追記 が6月27日より販売が開始されました、Amazonで確認できるのでチェックしてください。

並行輸入で購入はデメリットばかり

並行輸入で購入するメリットは早く手に入るだけで、正直デメリットが多いです。今回はどうしても早く使ってみたかったので購入しました。

並行輸入でのデメリットは

  • 通常より価格が高い
  • 梱包がヘコんでたりする(全体的に雑)

ネットでの購入になると多少の梱包のへこみ等は覚悟していました。実際にとどくと新型ASTROの箱の四隅は少しへこんでいました…神経質の方はやめておいた方がいいですね。

梱包のへこみ
すおうまん
すおうまん
並行輸入だからかどうかは不明ですが

並行輸入での一番のデメリットは通常価格よりも高いという事です。アストロゲーミングのサイトでは

  • 新型ASTRO A40  149.99ドル  約16,000円
  • 新型ASTRO A40+Mixamp Pro 249.99ドル  約27,000円

国内販売されていないのでネットの並行輸入は価格が高くなり、このような値段の差がでます。※上記の値段は海外サイトなので国内販売では変動するおそれがあります。

購入して良かったと思えるASTRO A40+MIXAMP

すでにAPEX LEGANDSですでに使用していますがFPSをPS4でプレイしている人は是非MIXAMPを使って体験してもらいたい。

今まで気付かなかった音が聞こえるようになり、敵が忍び寄るタイミングがわかるくらいの足音がきこえます。※他のヘッドセットも十分効果は発揮します。

どれだけ違うのか?ということは使った本人しかわからず結果購入しないと分からない事でもあります。

以上で新型ASTRO A40+MIXAMP PROのレビュ評価になります。今後MIXAMP PROの設定方法やイコライザーのおすすめなどを随時記事にしていく予定なので購入した際は参考にしてください。

 

 

 

おすすめ ゲーミングPC 
  • G-GEAR GA7J-D181/T

    高性能のCore i7-9700kに加えてNVIDIAのGeforce RTX™ 2070のグラフィックカード。高速処理が可能な16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)を搭載しているモデル。 他のサイトよりも安く買えるのが一番のおすすめ理由です
  • GALLERIA XT1060

    3Dの美しい映像を表現するためのパワー。 最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。
  • GALLERIA ZG i7-9700k

    最新のゲームタイトルに対応する為、DDR4-2666高速メモリを搭載し、快適かつ安定したゲームプレイが可能です。 さらにボイスチャットや動画配信など他のツールを併用しても、快適なプレイ環境を維持できます。