次世代機PS5

次世代機PS5の性能がどのくらい凄いのか!?《PC用でCPUとGPUを比較)

次世代機PS5の性能がどのくらい凄いのか!?《PC用でCPUとGPUを比較)

次世代機PS5の性能ってどのくらい凄いの?と思われる方に役立つ内容として、PS5に使用されているパーツをPC用で価格と性能を比較してみました。

すおうまん
すおうまん
公表されているGPUのスペックを元にどれくらいの映像出力になるのかも予想しています。
PS5のスペック
CPU8コア16スレッド 3.5GHz
GPU10.3テラフロップス(PS4は1.8)
SSD爆速の5.5Gb/s

この性能のゲーミングPCを購入しようとすると有名なXGドスパラPCで例えるとGALLERIA AXG相当の性能で価格はなんと189,000円くらいになってしまいます。

それが次世代機として数万円で販売される予定と考えたら、欲しくなりますよね?発売日は2020年の年末なのでそれまで性能を確認して色々準備をしていきましょう。

CPUはx86-64-AMD Ryzen “Zen2″8コア16スレッド

PS5のCPUの性能
CPUx86-64-AMD Ryzen “Zen2″
8コア16スレッド
周波数:最大で3.5GHzまで可変

PS5のCPUの性能は8コア16スレッドの周波数3.5GHzとなっています。

すおうまん
すおうまん
この数値でPC用のAMD製のCPUにあたるのがRyzen7 3700Xになります。

Ryzen7 3700X相当の性能

Ryzen7 3700Xの性能
CPUAMD Ryzen7 3700X
8コア16スレッド
周波数:3.6GHz(ブースト時4.4GHz)
すおうまん
すおうまん
コア?スレッド?周波数?って分かりにくいのでCPUの性能を数値で表すCINEBENCHI(シネベンチ)15で見てみましょう
CINEBENCHIとは?

CPUの性能を表す数値。一般的多く使用されているので性能が比較できるようになっている値

CINEBENCHI15のベンチマーク
AMD Ryzen7 3700X2000くらい
Intel core i9-9900K2000くらい
Intel core i7-9700K1500くらい
AMD Ryzen7 2700X1800くらい

AMD Ryzen7 3700Xの性能はIntel core i9-9900Kと同等のCPUとなっています。

すおうまん
すおうまん
AMD製のCPUは馴染みない人には分かりにくいですがIntel製で見るとイメージしやすいですね

CPUの性能が凄いとどうなるの?

CPUの性能が高いほど複雑な計算ができるようになり、計算も速くなります。つまりタスク作業がいっぱいできるので高画質でゲームの生配信ができるといったメリットがあります。

シネベンチ15のスコアを目安にするとわかりやすいです。

  • 2001~2500:高画質で生配信ができる超高性能モデル
  • 1501~2000:高性能モデルと呼ばれるCPU
  • 1000~1500:不満を感じない程度のCPU 標準

GALLERIA XGでのCPUのスコアは1400くらいで、スコア2000はGALLERIA ZZモデルと同等ともいえるスコアでもあります。※GALLERIA ZZは25万以上するゲーミングPCです。

高性能モデルのゲーミングPCに搭載されているCPUに似た性能が次世代機PS5のCPUの性能になっているので驚きですよね

すおうまん
すおうまん
Ryzen7 3700X単品だけの価格はなんと約4万円になっています

GPUはAMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine

PS5のGPUの性能
GPUAMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
レイトレーシング
周波数:最大2.2GHzまで可変
10.28TFLOPs(テラフロップス)

PS5のグラフィック性能の表すテラフロップスは10.28になっています。

TFLOPsとは

GPUの処理能力の性能をしめす数値で1秒間に1兆回の演算を何回できるかというのを表す単位

すおうまん
すおうまん
この10.28テラフロップスと同等なのがRTX2080のグラフィックボードになります

RTX2080相当のグラフィック性能

TFLOPsスコア
PS510.3
Geforce RTX208010.1
AMD Radeon RX Vega5610.5

PS5はレイトレーシングに対応しているのでGeforce RTX2080が比較対象として最適としています。

PC用ではグラフィックボートと呼ばれるビデオカードの性能でフレームレートが左右されます。このRTX2080相当の性能はフルHDやWQHDで140fpsが可能な性能のGPUになっています。

すおうまん
すおうまん
映像出力を見るとわかりやすいので見ていきましょう

10.3テラフロップスの性能での映像出力

映像出力とはフルHDでのフレームレートやWQHDでのフレームレートといったように、ゲームでどのくらいのフレームレートになるかを調べてみました。

すおうまん
すおうまん
公式発表では4Kで120fps,8K対応でHDMI2.1規格となっています

PS5のGPUの性能とほぼ同じ性能のGeforce RTX2080で見ていきましょう。ゲーミングPCでのデータになり画質設定低~高なので目安としてください。

※ソースはネット上のデータを独自で調査しての統計

Geforce RTX2080の映像出力
APEX LEGENDS4K60~90fps
WQHD90~120fps
フルHD110~140fps
モンスターハンター4K30~120fps
WQHD60~140fps
フルHD100~140fps
レインボーシックスシージ4K70~130fps
WQHD150~250fps
フルHD200~300fps
ファイナルファンタジー154K40~80fps
WQHD80~130fps
フルHD100~165fps

基本的に映像の作りこみが綺麗なタイトルほど重くなるのと、ほとんど映像に変化がないタイトルではすごく差がでました。

PS5ではHDMI2.1規格搭載で8Kにも対応していると考えると、データ上の変化も有ると考えられるので注意してください。※RTX2080はHDMI2.0規格

すおうまん
すおうまん
フルHDとWQHDとで比べるとフレームレートの差があんまりない事がわかりますね

PS4とPS5のGPUのテラフロップスを比較

現行品のPS4と次世代機PS5のGPUを比較してみると、どれくらい凄いのが想像しやすいです。

PS4とPS5のGPUを比較
PS41.84
PS4PRO4.14
PS510.28
すおうまん
すおうまん
PS4と比べると約5.5倍、PS4PROと比べると約2.5倍の性能の違いになっています。

まとめ:次世代機PS5の性能は凄いけど、8Kは現実的ではない

次世代機PS5のはCPUやグラフィック性能を見てもハイエンドPC(コアユーザー向け)よりも高いスペックになっています。

8Kまで対応しているHDMI2.1規格搭載されているゲーミングモニターはなく、ほとんどHDMI2.0規格になっています。

すおうまん
すおうまん
次世代機PS5で8Kでゲームをしたいという方は
超高額100万以上かかる8K対応テレビが必要になります。

PS5の性能を活かすにはWQHD解像度のモニターという選択も必要

4K対応ゲーミングモニターで140Hzと考えると、残念ながらゾッとする金額になってしまいます。RTX2080での映像出力のデータではフルHDとWQHD解像度ではほとんど差がないので

次世代機PS5の性能を活かすためにはフルHDよりもWQHD解像度のゲーミングモニターという選択肢も必要だと思います。

次世代機PS5の性能に合うゲーミングモニターは4K対応の120㎐
次世代機PS5におすすめの144Hzゲーミングモニター《選び方も解説》次世代機PS5におすすめの144Hzのゲーミングモニターを紹介しています。4K対応ではなくWQHD解像度を選ぶのがポイントになっています。 これからゲーミングモニターを買う人はPS5も視野にいれてください...

 

おすすめ ゲーミングPC 
  • G-GEAR GA7J-D181/T

    高性能のCore i7-9700kに加えてNVIDIAのGeforce RTX™ 2070のグラフィックカード。高速処理が可能な16GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、8GBx2)を搭載しているモデル。 他のサイトよりも安く買えるのが一番のおすすめ理由です
  • GALLERIA XF RTX2070SUPER

    GALLERIA XFはゲームを快適にプレイできる性能である高性能CPUと4K画像のGPU、ゲーム動作に必要なメモリが16GB標準構成となっている人気モデルです
  • GALLERIA XT

    最新のゲームを最高のクオリティでプレイするため、桁違いの性能を与えられています。 GALLERIA XTは今まで味わった事のないゲーム体験をお約束します。