次世代機PS5

PS5用のFPSヘッドセットは今は買わない方がいい!!

次世代機PS5は2020年11月12日に発売されることが決定しました。

それにちなんで、PS5用としてもヘッドセットを購入したい…という方に役立つ内容なっています。

すおうまん
すおうまん
結論から申し上げますと、PS5用としては今は絶対に買わない方がいいです。

これから、その理由と別に購入しても支障がない人などについて解説していきますね。

PS5のAmazon特設ページはこちらになります。

PS5には3Dオーディオ技術が搭載されている

PS5が次世代機といわれる理由の1つでもあるのが『3Dオーディオ技術』とよばれるものに対応していることにあります。

Tempest 3Dオーディオ

3Dオーディオとは現実に限りなく近い360°の音源を再現する技術。

これまでの疑似バーチャルサラウンドよりも立体音響に優れているとも言われているのが『3Dオーディオ』なんです。

PS5の公式ブログでは以下のように表現されています。

PS5の「”Tempest” 3Dオーディオ 技術」は、非常に正確なオーディオポジショニングを実現できるように設計されており、あらゆる方向から音が聞こえてくるような感覚を味わうことができます。これにより、ゲームへの没入感はグッと深まります。いま世界中の開発者たちがこの技術を活用してゲームを制作していますが、今回はこの3Dオーディオ について、今後の期待を開発者が語ります。

引用元:https://blog.ja.playstation.com/2020/09/01/20200901-ps5/

しかも数百種類の音源に対応しているので、左右はもちろんの事上下や前後などの360°の音を再現できるようになっていると思われます。

すおうまん
すおうまん
PS5のゲーム音の臨場感が凄いという事ですね。

3Dオーディオは数百個の音源から再現する立体音響

3Dオーディオの性能が凄い!と紹介しましたがそれと同時にでてくるのが3Dオーディオと7.1chサラウンドサラウンドとの違いではないでしょうか?

すおうまん
すおうまん
私自身もすごく気になって色々調べた結果について述べます。

疑似サラウンドサラウンドはもう古い

サラウンドサラウンドというと5.1chや7.1chと数字を思い浮かべる方が多いはず。

この5.1chや7.1chといったものは音源の数を増やして立体的に音が聞こえるようにする技術の事で昔からあります。

ヘッドセットでもサラウンドに対応しているのが左右のスピーカーから5.1chのに聞こえているようになっているのが疑似サラウンドサラウンドと呼ばれています。

すおうまん
すおうまん
PS4などで対応しているもこの疑似サラウンドサラウンド

この時に表現できている音源の数が5.1や7.1なので6~8個の音源を再現しているという事。

数個の音源で全方位を再現しているのが今までの立体音響になります。

PS5の音源は360°からの数百個なので臨場感がすごい

その点PS5では数百個の音源や人が独自に持つ音の聞こえ方のパターンまで取り込んでいるので『音』についても格段に良い。

すおうまん
すおうまん
数百個からの音源と数個からの音源での再現では、すごい違いのはず

ゲーム機での演算処理能力が高くなっているので可能になっている技術でもあります。

臨場感(あたかもそこに自分がいるかのような感じ)

PS5向けにチューニングされている 3D ワイヤレスヘッドセット

PS5の純正ヘッドセットはPS5本体の3Dオーディオの性能を発揮できるようにチューニングされているまさにPS5専用にふさわしいヘッドセットなんです。

つまり、これまで発売されているヘッドセットではPS5の3Dオーディオの性能を発揮できないという可能が高いということでも!

すおうまん
すおうまん
発売されて使ってみないと違いは分かりませんが…

コントローラーでミュート機能も簡単に操作可能

PS5向けにチューニングされているおかげで、PS5の専用コントローラーにはミュートボタンが新たに加えられています。

今まで、ヘッドセットやコントールボックスなどでしか操作できなかった機能なのが純正ワイヤレスヘッドセットを使うことで簡単に操作が可能になっています。

逆を言えばPS5に対応していないヘッドセットではミュート機能が使えない可能性があるとも言えますね

PS5純正ワイヤレスヘッドセットは9,980円と安い

公式から公表されたPS5の純正ワイヤレスヘッドセットの価格はなんと税抜で1万円を切る安さ!

しかもPS5の3Dオーディオに特化した性能になっている事を考えると、現在発売されているヘッドセットと比較しようがありません。

FPS用で1万で買える!というように考えるとなおさらですね。

PS5ではFPSゲームに必須アイテムのアンプ接続に必要な光デジタル端子が無い…

PS5の公表されたスペックの接続端子は

  • HDMIOUT
  • USB TYPE-A
  • USB TYPE-C

のみ記載されてました。

すおうまん
すおうまん
つまり、光デジタル端子が無いんです。もちろんHDMIで変換機を使えば使用することは可能になっていますが…

コア層向けに制作されているPS5で光デジタル端子が無いという事は必要が無いとも考えられる

PS4PROではあった光デジタル出力端子が無いという事はPS5ではもはや使う必要が無いのではないでしょうか

理由として考えられるのはPS5の3Dオーディオによるものだと推測しています。

3Dオーディオの強みは数百個の音源に対応している立体音響です。

今まで建物の上で歩いていた音も。より正確に位置を把握できるようになっています。※おそらく

とくに周波数特性による音の聞き分けについても同様のことが考えられると思われます。

まとめ:現段階でPS5用のFPSヘッドセットを買わない方がいい理由

PS5本体の3Dオーディオと純正ワイヤレスヘッドセットの3Dオーディオについて解説しました。

この内容を踏まえて上で現段階(発売前)でPS5用のヘッドセットを買わない方がいい理由として

  1. 3Dオーディオの性能を発揮できない可能性があるから
  2. PS5の純正ワイヤレスヘッドセットが一番最適かつ安いから
  3. 光デジタル端子が無いから

以上の3つの理由が考えられます。

例外として、ボイスチャット用でヘッドセットが欲しい…という方はこのタイミングで購入しても問題ありません。

【PS4】安くて人気のあるゲーミングヘッドセットを紹介 3千円~1万円
【安くて人気のあるPS4対応ゲーミングヘッドセット】3,000円~10,000円までを紹介安く買いたい、人気のを買いたいという悩みはを解決できるように、安くて人気のあるゲーミングヘッドセットをまとめました。格安タイプでも性能はしっかりしており有名メーカー品もあります。...