SleeFi(スリーファイ)の始め方|遊び方や稼ぎ方の仕組みまで徹底解説

寝て稼ぐことができるSleeFi(スリーファイ)の始め方を徹底解説しています。

SleeFi(スリーファイ)はTwitterなどでトレンド入りにもなり今もっとも注目されている日本発のSleep to Earnプロジェクトのひとつです。

SleeFiを始めるために必要なものや遊び方・稼ぎ方までも分かるようになっているのでオープンβテストを迷わず始めることができます。

すおうまん

SleeFiは寝るをお金に換えれるNFTゲームです。睡眠データを利用して睡眠を改善することができるので是非参考にして始めてください

スケジュール
  • 9/1クローズドβテスト開始(選ばれた人のみ)
  • 10/1 オープンβ開始(誰でも参加可能)

9/1のオープンβテストに向けて完成予定となっています。情報は分かり次第追記していきます。

新規登録キャンペーンを利用して初期投資を獲得!

国内取引所で新規登録で口座開設をすると暗号資産(仮想通貨)を獲得することができます。

獲得した暗号資産(仮想通貨)をNFTゲームの初期投資の費用として利用してください!※最大で1万円分

目次

SleeFi(スリーファイ)とは

SleeFi(スリーファイ)はsleep(寝る)とEarn(稼ぐ)というコンセプトの画期的なNFTゲームです。ベットのNFTを所持して毎日寝るだけゲームトークンが稼げます。

使用する仮想通貨は3種あり、ベットを購入するためのAVAX(Avalanche)、ゲーム内で使えるSLFTとガバナンストークンであるSLGTになっています。

SleeFi

初期費用

SleeFi(スリーファイ)ではNFTベットを購入する費用が初期費用になりマーケットでの需要やAVAXの仮想通貨の価格によって変動しますが、NFTベット1つあたり3.0AVAXが必要になるので初期費用は10,000円程度になります。

初期費用

どれくらい稼げる?

SleeFi(スリーファイ)で1稼げるトークンの数量はNFTベットの種類や所持数やレベルによっても変動してくるのですが、日に稼げるトークンは○○ほどになっているので最低投資金額で○○円ほどになっています。※現在調査中

原資回収までの期間(ROI):推定2週間程度と予測していますがβテストで現在調査中

SleeFi(スリーファイ)の特徴

SleeFi(スリーファイ)の特徴は以下の通りです。

SleeFi(スリーファイ)の特徴
  • 寝るをお金に換えれるSleep to Earn
  • 創業者が日本人で安心できる要素多いプロジェクト
  • ウェアラブル端末にも対応している

寝るをお金に換えれるSleep to Earn

SleeFi(スリーファイ)の最大の特徴は寝るをお金に換えれるというSleep to Earnのプロジェクト.

毎日の睡眠時間を計測して、睡眠の時間と睡眠の質によって稼げるトークンが決まります。

人間が絶対に稼ぐことができない時間(睡眠時間)で稼ぐことを可能にした夢のような仕組みになっています。

安心できる要素が多いプロジェクト

NFTゲームでは中々安心できないプロジェクトが多くあります。

このSleeFi(スリーファイ)の創業者は日本人ということもありβテスト開始前からDiscordやTwitterなどで積極的にプレイヤー交流しており、プロジェクトの評価も高く安心できる要素が多いプロジェクトです。

ホワイトペーパーも日本語に対応しているのでゲーム性の理解もしやすく、運営の対応にも期待できます。

ウェアラブル端末にも対応している

一般的にNFTベットはスマホを使ってプレイするのでですが、SleeFiではウェアラブル端末であるAppleウォッチやスマートウォッチを利用する睡眠の計測が可能になっています。

SleeFi(スリーファイ)の事前準備|必要なものは3つ

SleeFi(スリーファイ)を始めるために必要なものは以下の通りです。

SleeFiの事前準備するもの
  • androidの人はGoogle FitとSleep as Androidサイクルアラームのアプリ
  • NFTベットを購入するためのAVAX
  • 稼いでトークンを換金するための取引所

androidの人はGoogle FitとSleep as Androidサイクルアラームのアプリが必要

SleeFiはAndroidとiosに対応しているのですがアンドロイド端末の方は睡眠の計測するアプリはないので、別途Google FitとSleep as Androidサイクルアラームの2つのアプリを事前にダウンロードして設定する必要があります。

2つのアプリのダウンロードと手順についてはGoogle FitとSleep as Androidサイクルアラームの設定方法にて詳しい解説しています

NFTベットを購入するためのAVAX

NFTベットを購入するためにはAVAX(アバランチ)の仮想通貨が必要になります。初期費用が3.0AVAXとなっているので余剰資金に合わせてAVAXを用意してください。

AVAX(アバランチ)は国内取引所のOKcoin Japanでも購入することでができますが取引開始までに3日ほどから1週間かかるので急ぎの方は取引開始まで10分で登録できるBybitでAVAXを購入してください。

OKcoin Japanの口座開設は下記の専用リンクから新規登録いただいて3万円以上の入金でビットコインが1,000円分もらえるキャンペーンを行っているので利用してください

海外取引所に送金する手間も必要ないので一番最適な取引所です※OkcoinJapan

\無料で登録できます /

SleeFiの始め方の項目では初心者向けに扱いやすい取引所を1から解説してるので、心配な方はご利用ください

稼いでトークンを換金するための取引所

SleeFi(スリーファイ)で稼いだトークンを日本円に換金するためには国内取引所の口座が必要になります。

OkcoinJapanは口座開設まで時間がかかるので事前に新規登録を済ませていつでも日本円に換金できるように準備しておいてください。

海外取引所に送金する手間も手数料も必要ないOkcoinJapanがおすすめです。

OkcoinJapanで新規登録して口座開設をする>>>公式サイト

SleeFi(スリーファイ)の始め方

SleeFi(スリーファイ)のやり方・遊び方は以下の通りです。

SleeFi(スリーファイ)のやり方・遊び方
  1. アプリをダウンロードする
  2. メールアドレスの登録
  3. ウォレットの作成
  4. SleeFiのウォレットにAVAXを送金
  5. マーケットでNFTベットを購入

アプリをダウンロードする

Google PlayストアもしくはApp StoreでSleeFiのアプリをダウンロードしてください。

※現在はクローズβテストによる事前にテスターで選ばれている人しか参加できないのでオープンβ開始までお待ちください。

メールアドレスの登録

STEP
サインアップを選択する
STEP
メールアドレスを入力してコードを送信する
STEP
メール認証コードを入力してサインアップする

ヘルスケアと連携する

STEP
SleeFiにヘルスケアデータへのアクセスを許可する
STEP
アカウントを選択する
STEP
SleeFiの通知を送信する許可をする

ウォレットを作成する

STEP
SleeFiのトップ画面の右上のクリックする
STEP
ウォレットを選択する
STEP
新しいウォレットを作るを選択する
STEP
注意事項を読んで次へ進む
STEP
パスコードを作成する※入力・確認の2回
STEP
シーフードフレーズを確認するを選択
STEP
表示されたシーフードフレーズを保管する

SleeFiのウォレットにAVAXを送金する

STEP
ウォレットの画面でSleeFiのアドレスをコピする
STEP
取引所でAVAXを送金先に登録して送金する

※現在調査中

SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方・遊び方

SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方は以下の通りです。

SleeFi(スリーファイ)の稼ぎ方
  1. NFTベットを選ぶ
  2. マーケットプレイスでベットを購入する
  3. 睡眠のデータの計測
  4. 睡眠時間や品質に応じてSLFTを獲得
  5. 獲得したSLFTトークンを日本円に交換する

最適なNFTベットを選ぶ

SleeFi(スリーファイ)のベットの種類は以下の通りです。

NFTベットの種類
  • ショート
  • ミドル
  • ロング
  • フレキシブル

このNFTベットの種類の違いは計測可能な時間が変わっているので、あなたにあったNFTベットを選ぶ必要があります。

NFTベットの種類計測可能な時間
ショート3時間~5時間
ミドル4時間30分~7時間
ロング6時間30分~9時間
フレキシブル3時間~12時間
NFTベットの選び方

計測可能な時間以外での計測は獲得できるSLFTトークンに影響します。なので普段の睡眠時間に合わてNFTベットを選ぶようにしましょう。

すおうまん

基本的にはミドルベットを選択しておけば間違いないかと…一般的な睡眠時間なので!

獲得できるトークンの量はベットの種類で大きく違いは設定されていませんので安心してください。

マーケットプレイスでベットを購入する

自分のスタイルに合わせたベットが決まったら、次は実際にマーケットプレイスでベットを購入します。

NFTベットにはそれぞれ5つのステータスがあるのでまずはステータスを理解しましょう。SleeFi(スリーファイ)のNFTベットのステータスは以下の通りです。

NFTベットのステータスの種類
  • Efficiency
  • Luck
  • Special
  • Resilience
  • Bonus

SleeFi(スリーファイ)のシステムモデルはMove to EarnのSTEPNと似ています。なので稼ぐために必要なステータスはEfficiencyになります。

ステータスの種類効果優先度
Efficiency数値が多いほどSLFTを獲得できる量が増える
LuckLuck Boxの出現率や取得できるBoxのレベルが変わる
Special数値が高いほどSLGTを獲得できる量が増える
Resilience数値が高いほど耐久性の減少が少なくなる
Bonusアイテムを使用したときの効果にポジティブ補正がかかる不明
ステータスの詳細
すおうまん

効率よく稼ぐにはEfficiencyにステータスを振って耐久性も上げるのがよきです。

NFTベットにはレアリティもあるので最初はCommonを選ぶようにしましょう。ステータスの振り分けはベットのレアリティで決まっています。

レアリティ初期ステータス値Attribute Point
Common(コモン)1~203~9
Uncommon(アンコモン)10~304~12
Rare(レア)20~506~15
Epic(エピック)25~1008~18
Legendary(レジェンダリー)50~10010~21

Attribute PointはNFTベットがレベルUPしたときにステータス増加できるポイントです

基本的にはメインベットのステータスが報酬に反映されるので、一番安いNFTベットよりも最初に少しAVAXを多く支払ってでもステータスの高いNFTベットの方が最終的に稼げるようになるのでおすすめです!

睡眠のデータの計測

SleeFi(スリーファイ)の計測は以下の通りで行われます。

睡眠の計測仕方
  • 起床時間を選択してスタートを押す
  • 起床したタイミングでストップを押す

SleeFi(スリーファイ)の睡眠データの計測は1日に1回だけ行うことができます。※計測に必要なエネルギーは20時間で回復します。

あらかじめ設定している起床時間を選択して寝る前にスタートを押して計測を始めます。

起きたらすぐにSleeFi(スリーファイ)の計測を止めるためにストップを押します。これで睡眠の計測が完了します。

睡眠時間や品質に応じてSLFTを獲得

SleeFi(スリーファイ)で獲得できるトークンは睡眠時間と睡眠の質によって左右されます。

設定した時間に近いほど獲得できるトークン量は多くなり、一定時間よりも早すぎたり、遅かったりすると獲得できるトークンが少なくなるので注意してくだい。

獲得できるトークン量は毎日良質は睡眠を取っている人が多くトークンを獲得できるようになっています。

獲得したSLFTトークンを日本円に交換する

SleeFi(スリーファイ)で獲得したトークンはウォレットをつかって取引所に送金して日本円に交換することで稼げます。

トークンを日本円に効率する方法
  • SleeFi(スリーファイ)内のウォレットからBybitに送金
  • BybitからCoincheckに送金
  • Coincheckで日本円に出金する

基本的にはSleeFi(スリーファイ)のウォレットに送金する方法の手順を反対にするだけでできます。

SleeFi(スリーファイ)の仕組み

SleeFi(スリーファイ)の仕組みは以下の通りです。

SleeFi(スリーファイ)のNFTの仕組み
  • NFTベットの数で稼げるトークンが変わる
  • メインNFTをレベルで獲得できるトークンが増える
  • 宝石を使うことでステータスが上がる
  • アイテムを使うと一時的にステータスが上がる

NFTベットの数で稼げるトークンが変わる

NFTベットの所持している数で獲得できるトークンの1日の上限が決まっています。

ベットの個数1日で獲得できるトークン
120
3100
6200
10300
15400
17500
20600
25700
27800
301000
NFT所持ボーナス

効率よく稼ぐには最低でもNFTベットを3個所持する必要があります。1個では20トークンに対して3個で100トークンになるのでその差は5倍※以降100プラス加算

NFTベットの費用が3倍になりますが、稼げるトークンが5倍になっているのでそれだけ効率よく稼げて原資回収が早くなります

すおうまん

1個よりも3個の方が原資回収が1.6倍速いので、迷っているかたは3つ所持でスタートするのがおすすめです!

メインNFTをレベルで獲得できるトークンが増える

所持しているNFTベットのステータスによって獲得できるトークンが決まっています。

寝る時にNFTベットを選択して睡眠の計測を行うのですがメインのNFTベットのステータスが反映されるのでメインNFTベットをレベルアップさせることでより多くのトークンを稼ぐことができます。

すおうまん

レベルアップするごとにステータスに振り分けできるポイントを獲得できるのステータスの詳細を参考にトークンを稼げるように振り分けてください

NFTベットのレベルは最大で50です。レベル31でSLGTの獲得機能が解放されるので、まずはレベル31を目指していきましょう。

レベルソケットの数ベットミント回数その他
レベル51つ1回目
レベル72回目
レベル102つ7回目
レベル153つ
レベル255つRecycling 機能が解放
レベル31SLGTの獲得機能が解放
レベル35Special 4%ボーナス
レベル40Special 6%ボーナス
レベル45Special 10%ボーナス
レベル50トロフィー獲得
レベルアップで獲得できる機能やボーナス

※Recycling(リサイクル)機能は現在開発中。

宝石を使うことでステータスが上がる

NFTベットはレベルアップすることで宝石を入れることができるソケットが解放されます。※レベルアップで獲得できる機能やボーナス参照

ソケットに宝石を入れることで5つのステータスの数値が上昇するので獲得できるトークンも増えるという仕組みになっています。

種類効果
Ruby(ルビー)Efficiency
Sapphire(サファイア)Luck
Emerald(エメラルド)Bonus
Diamond(ダイアモンド)Special
Amethyst(アメジスト)Resilience
宝石の効果

ソケットに宝石を入れる際に一定の確率で宝石が壊れます。Insurance(保険)を購入してた場合は壊れることはありません。

Insurance(保険)機能は獲得したトークンの数パーセントの費用で使用することができるので必ずInsurance(保険)はONにしておいてください。

レアリティ費用
Common(コモン)3%
4Uncommon(アンコモン)4%
Rare(レア)5%
Epic(エピック)6%
Legendary(レジェンダリー)7%
Insurance(保険)の費用
すおうまん

毎日トークンを獲得した時にベットと宝石が数パーセントで壊れる仕様になっているので気をつけてください。

アイテムを使うと一時的にステータスが上がる

睡眠の計測を行う時にアイテムを選択して一時的にステータスアップを行うことで稼げるトークン量を増やすことができます。

キャンディーの種類効果(プラス補正)
ピンクEfficiency
Luck
Special
Resilience
アイテムの効果

まとめ

SleeFi(スリーファイ)は寝るをお金に換えれるSleep to Earn。AVAXの仮想通貨でNFTベットを購入して始めてSleeFiで稼ぐことができます。

ベットNFT選びはとても重要なので慎重に選んで寝て稼ぐSleep to EarnのSleeFiを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次